Start up [Motorcycle]

mv.jpg

キックアームが外れて不動車になっていた、125Sが再起動した。

何も考えずに力一杯ブレーキレバーを握れば「グッ」と減速してくれる現代のバイクとは違い、街乗りレベルでもフロントタイヤのグリップを探り探りのブレーキング。
小さな車体なのにセオリーに忠実に荷重移動しないと、曲がってくれないハンドリング。

国産だと、ヨンフォア、ゼッツー、ケーゼロ、サンパチなんかと同世代。
当時から、イタリア車の「本格度」が、抜きん出ていたのは間違いない。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Send Message