2011-07 | 2011-08 |2011-09 blog Top
Next 20count | -

Wuerth [Motorcycle]

wuerth.jpg


「ウルトの防水カプラ と 端子抜きツール」

ドゥカティの電装で多用されているウルトの防水カプラを海外通販で購入した。
電装をいじるときには、1.オリジナルの状態に戻せること、2.信頼性を損なわないこと、が大事。素人仕事の電気配線は車両の信頼性を著しく低下させる。

なので、どうしてもウルトのコネクタを手に入れたかった。このコネクタならば、オリジナルのハーネスに傷をつけないで分岐や拡張ができる。

同時に「端子抜き」も必須。コネクタに差し込んだ端子を引き抜くためのツールだが、配線を二重にしたいときなどに必ず端子を抜く場面に出くわす。
様々なツールがあるけれど、精度の低いものだと端子を痛めてしまう。今使っている「CPRT-5S」というツールは海外製のコネクタにも対応した優れもの。

【電気屋さん使用特殊工具】カプラ端子抜きツールセット CPRT-5S


nice!(0) 

MeshJacket [Motorcycle]

FullMesh.jpg


「ドゥカティ・アパレルのフルメッシュ・ジャケット」

標準の肩・肘のプロテクタに加え、脊椎パッドを追加。たったこれだけのプロテクタなのにバイクに乗ると、「守られている感」を強く感じる。

インナーに流行の速乾シャツを着ると、(走っていさえすれば)カナリ涼しい。今年の夏は、例年に比べて随分とバイクに乗ることができたのは、このジャケットのお陰だと思っている。


nice!(0) 

Noise [Motorcycle]

Chain.jpg


「購入直後からフロント周りに異音が出ていた。」

走行中に段差を超えたりして衝撃があると、ガシャンという大きな音がステアリングヘッドの下あたりから聞こえる。
ところが、サスペンションの動きに不具合は無い。いや、むしろいかにもオーリンズらしく路面状態の情報量が多い、饒舌なショックユニット。サグ出しから始めて一通りサスのセットを出してみると、すぐにピタリと決まった。
間違いない・・・サスペンション自体に不具合は無い。

色々なパーツを外して「異音」の出場所を探したけれど、全く判らない。お手上げ。
こんな時は、プロにお願い・・・。

あっという間に原因発見。「サスガ、経験値が違う。」
フロント周りかと思った異音の出場所は、リアのドライブ・チェーンがチェーンガードに当たっているオトだった。

盲点だった。なるほど、オトが聞こえてくる場所なんて全くアテにならない。

・・・それにしても、チェーンがキタナイ。


nice!(0) 

Nose [Dog]

Sora2.jpg


「遠い目をしているワンコ」


nice!(0) 

HMG [Motorcycle]

HMG.jpg


「Hokkaido Motorcycle Group」の資料をとりよせてみた。

北海道二輪車協同組合の発行しているロードサービスカードが、2011年10月より価格改定される。今まで永年無料だったのが、有料サービスに移行してしまう。ただし、2011年9月末までに入会すると、6年間年会費が無料。

50キロまでのレッカーサービスやタイヤパンク、バッテリー上がり・・・が無料。しかも2輪、4輪を問わない。
もちろん、北海道内だけじゃなく全国どこでもサービス可能。

この申し訳ない程に、サービスが充実したカード。
要は、「JACCSカードに入会することでJAF的なサービスが無料で受けられる。」ってことらしい。
デメリットは特になさそうなので、「保険」で加入しておこうかなと。

HMG


nice!(0) 

Airplane [Life]

Airplane.jpg


「飛行機が好き。」

ヒトが創造したモノの中で、最も素晴らしいものの一つ。

JFKからの帰路、アメリカン航空便(B777-200ER)は空席が目立ちガラガラ。
機内を後方に移動し、翼がフレームに入るようにシャッターを押した。飛行機に乗ると、ついつい写真を撮りたくなってしまう。
ただ、スーツ姿のおっさんビジネスマンがカメラを持って機内をあっちこっち歩き回るのは・・・非常に怪しい。

何度もCAに、「御用があれば・・・」と話しかけられつつ・・・最終的には、「カメラがお好きで・・・」と若干の冷笑と共にあきられつつ・・・それでもウロウロしていると・・・客が少なくて暇なCAと趣味の話で談笑が始まり・・・したら、チーフパーサーの冷たい視線を感じて、ハイ解散。

自分の席に戻ると先ほどのパーサーがやってきて、ナゼか失礼を詫びられてさらに、「シートをグレードアップしたいが・・・」と言われる。どうも、機内をウロウロされるのが嫌で席にしばりつけて置きたい・・・という意図がミエミエ。アメリカ人らしい(東洋人に対する)対応だなぁ・・・と思いつつも素直に「好意」に甘えてみた。

でもね、翼の見えるエコノミークラスが本当は好きなんだ。


nice!(0) 

Reappearance [Music]

Tatsuro.jpg


「山下達郎シアターイベント」のオトが耳に残っているうちに、自宅オーディオで「再現」に挑戦。

5.1chディジタルドルビーに対して、こちらはサブウーハー付きのアナログ2.1ch。
機材・設備では圧倒的に負けだけど、たったヒトリのためにチューニングできるニアフィールド・リスニングでどこまで迫れるか・・・

イベントでの氏のコトバが蘇る・・・

「ライブ・アルバムはほとんど聴かない。ライブDVDでは、ライブの空気感が表現できない。」

「ドルビーディジタルならば、ライブの生音源にかなり近い音が出せる。」

「PAでは音のランクが一段落ちる。」


nice!(0) 

Joy 1.5 - THE MOVIE [Music]

Ticket.jpg


「山下達郎シアターイベント」の初日。名古屋、ミッドランドスクエアシネマに。

そう、天文学的な確率のイベントに当選!

席順はB列。前から2番目。最前列のA列はスタッフ席なので、実質最前列。
どんだけ、ついている。自分。

イベントは・・・なんというか、言葉にできない感動。
当選している方には以下、ネタバレ。

時系列では・・・
・19:30:スクリーン上で「5:00」から始まるカウントダウン。

・19:35:Joy 1.5 - THE MOVIEの上映。イイ、とにかく「オト」が良い。ドルビーディジタルのお陰。素晴らしい臨場感。泣ける。

・20:20:あっという間の1時間弱。そして・・・山下達郎登場。ヤバイ、ほんの3メータ程の目の前に。ワクワク、ドキドキ。還暦近いオッサン(失礼)だけど、アイドル。そして、サンデーソングブックそのまんまの軽妙なトーク。なんの気負いもないトークの中に、チラリと見せる強い主張。素敵だ。

・20:45:そして、なんと、山下達郎が「カラオケ」で2曲。本人も「カラオケ」は前代未聞だと。めちゃくちゃに上手い唄。サブイボでまくり。夢のような時間。

・21:00:大抽選会。

最高でした。
当選した方、おめでとう。


nice!(0) 

Ground Zero on 911 [Life]

911.jpg

「日帰り」だけど、ここだけは寄っておきたかった。

・・・「アメリカの苦悩」は、想像以上に深かった。

nice!(0) 

The Big Apple [Life]

NYC.jpg

「NYC 日帰り」・・・せめて一泊ぐらいさせてくれない?


nice!(0) 

HD-7A [Audio]

HD-7A.jpg


「PC AUDIO」・・・ディジタル化した音源をPCで再生する。
ただし「オーディオ」という以上、ある一定の音質レベルである必要がある。

現在のシステムは、外部NAS「TimeCapsule」に保存した、AIFFフォーマットの音源を、「MacBook Air」上の「Audirvana」で再生。「MacBook Air」はUSBを介してD/Aコンバータ「HD-7A」に接続。「HD-7A」には、「自作ルビジウムクロックジェネレーター」からマスタークロックを入力。
ここから先は、アナログプリアンプ、パワーアンプを経てスピーカー。
今のところ、アンプをディジタル化するつもりはない。理由はどうしても使いたいプリアンプがあるから。

ディジタル音源の良さはCDDA規格を超えた、ハイレゾ音源が入手できる環境が整いつつあることが非常に大きい。
いや、ハイレゾを扱う事がPC AUDIOの全てかもしれない。

ハイレゾ音源は今まで触れることが許されなかった、マスターテープに近い音源だ。
その音源は素晴らしい音質を提供してくれる代わりに、「再生システムのアラ」も見事にさらしてくれる。

PC AUDIOは、かじり始めたばかりだけれど、とにかくディジタルは正直。つまり、ディジタルは単純に「カネ」を掛ければ掛けただけ「オト」が良くなる。対して、高価なアナログ機器は取り扱いやチューニングが難しく、「カネ」が必ずしも好結果につながらない事があるのとは大きく違う。

救いは、自作の道があること。


nice!(0) 

6% is MINE [Music]

6%isMINE.jpg

「6% is MINE」、覆面バンド・・・だそうだ。

誰でも聞いたことがあるJ-POPの名曲を、パンクロック風にカバーしたアルバム。
「原曲のテンポを早くしただけ」って言えば、まさにその通り。「音楽的なチープさで刹那的な疾走感が表現できている」ってのも逆説的で面白い。
どの曲も気に入ったけど、「WOW WAR TONIGHT」が一番。こんなにいい曲だとは・・・(半笑。

きっとこのアルバムは、「けいおん!」に通じている。



J-POP HITS PUNK-COVERS

J-POP HITS PUNK-COVERS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Baby Rock Diamond
  • 発売日: 2011/08/03
  • メディア: CD


nice!(0) 

NIFS [Science]

NIFS.jpg

「核融合科学研究所」、なるところにお邪魔中。

放射能・・・とは無縁なので、念のため。
nice!(0) 

StarBucks [Meal]

SB.jpg

「マンゴーパッションティー・フラペチーノ」

最近のお気に入り。
「標準品」は、紅茶で薄まったマンゴーアイス。
実は、紅茶抜きでオーダーできる。量も満タン。

「マンゴー、グランデ、ティー抜きで」と、(訳知り顔で)オーダー。

カップいっぱいの完熟マンゴーシャーベットで、暑い暑い日中でも背筋が寒くなる程ヒエヒエに。
nice!(0) 

250 Desmo [Music]

250Desmo.jpg

「あまく危険な香り」、TBSの金曜ドラマ。同名の主題歌は、山下達郎。

根津甚八がクリップオン・ハンドルの「Yellow Desmo」でババンッと走り去る。
背後からは達郎の、切なく気だるいメロディ。

ドラマの内容なんて、全く覚えていない。
ただ、「カラシ色のバイクが都会の闇に溶け込む様」が、音楽と排気音と映像が、頭の中に残っている。「最高にカッコイイ」と、思った。
nice!(0) 

Ray Of Hope [Music]

RayOfHope.jpg


「Ray Of Hope」 2ヶ月前に予約したアルバムが発売日の一日前に届いた。


「それでも音楽は続いていく。」・・・帯の裏側に書かれたネーム。

「今のレコード会社のビジネススタイルでは、僕のような(寡作の)ミュージシャンは不要なんです。」・・・asahi.comの記事。

「ウチの娘が中学のとき、学校で“両親について、ひとこと書く”っていうのがあって。そのとき娘が書いたのが“ウザイけど、ときどき使える”っていう(笑)。これ、なかなか名言だと思いますよ」・・・@ぴあのインタビュー記事。

いちいち、シンパシーを感じてしまう・・・今度こそライブツアーのチケットに当選しますように(祈。

Ray Of Hope (初回限定盤)


nice!(0) 

KINCHO [Life]

EARTH.JPG

「蚊取り線香」愛用中、車庫限定で。

最初は、定番の「KINCHO製」を使っていた。というか、蚊取り線香はKINCHOだけ・・・だと思っていた。
ところが、ホームセンターで「アース製薬製」を発見。KINCHOの半額。やったぁ、30枚入りを購入。

アース製に点火。「えぇぇっ。」・・・全然匂いが違う。利いている感じがしない、全く。
なんというか、パンチがない。

「今度は高価でも、大日本除虫菊(株)製にしよう。」と、決意。

nice!(0) 

Hot Day [Dog]

sora_03.jpg

ここ数日、ジメジメと湿気が多く気温が高い、まとわりつくような暑い日が続いている。

ワンコにとっても厳しい日々に違いない。少し運動しただけでダラァ〜ンとだらしなく舌を出し続け、一向に収めようとしない。

いっそ羊みたいに丸刈りにしてみるかい? ソラ。

nice!(0) 

Skid-Plate [Motorcycle]

UnderGuard.jpg

スキッド・プレートを取り付けた。

ボルト3本でサクっと取り付けるハズが・・・エキパイを外し、右側のステップを外しの大仕事。
苦労した割に、「付けた!」って言わないと誰も気がつかないし・・・ただの自己満足。

nice!(0) 

Exhaust [Motorcycle]

Exhaust.jpg

空冷MTSのエキゾーストパイプの取り回しは、一般的なドゥカティとは違っている。

水平シリンダー側のエキパイがクランクケースの下側を通らずに、右側にある。
これは、(オフロード走行を考えた)最低地上高を稼ぐための取り回しだろう。

しかし、ここにエキパイを通すと、オイル交換時に掃除するストレーナーにアクセスできなくなってしまう。エキパイをずらすか外せばいいだけだから、気にしないけど・・・やっぱりドゥカティのエンジンレイアウトはオフ走行には向かいない・・・んだろうな。
でも、CAGIVA ELEPHANTは、そのトラクションの良さを生かしてパリダカで勝っているし。エレファントはダブルクレードルフレームだったか?
nice!(0) 
Next 20count | -
2011-07 |2011-08 |2011-09 blog Top
Send Message