2011-08 | 2011-09 |2011-10 blog Top
Next 20count | -

Zippo [Life]

Zippo.jpg


タバコの値段を忘れた。

中央の社長に頂いたライターを使うのは、蚊取り線香に火をつけるときだけ。
「卒煙式」という名のフリーソフトによると、この一年間で節約できた金額は21万円、延びた寿命は56日間、らしい。
世間で言うように、「飯が旨くなる」ことは無かった。とりたてて変わった事も、特に無い。
良かったことは、喫煙場所を探す必要が無くなったこと、それに荷物が減ったこと。
喫煙者は常にタバコが身近にないと落ち着かないから、タバコ・ライター・灰皿をいつも持ち歩かなきゃならない。
身軽になったこと、タバコが無いときの強迫観念が無くなったこと、やっぱり感じていた後ろめたさが無くなったことは、精神面ではプラス。

最近思うことは、高速道路のSAやPA。なんで駐輪場の近くに必ず喫煙場所があるの?
少しばかり、うっとうしいんですけど。


nice!(0) 

Your Dirty Mind [Life]

YourDirtyMind.jpg


北米では「Your Dirty Mind」って言うらしい。

この画像が何に見えるかで、魂の汚れ具合が判明する・・・のではなく、想像力の豊かさが判明する。


nice!(0) 

TERMIGNONI [Motorcycle]

D16RR_Exhaust2.jpg

テルミニョーニの本国サイト。http://www.termignoni.it/

なぜかドゥカティ用の製品がラインナップされていない。・・・ドゥカティのリプレイスマフラーといえばテルミが定番中の定番の筈。
そして、テルミの日本輸入代理店でもドゥカティ用は「在庫品のみ」の表示。

「ん~、なるほどね。」って感じ。
nice!(0) 

K-ON ! [Motorcycle]

Decale.jpg

日本のレーシングシーンは、(既に)「痛さ」なくしては語れない。

エヴァ・レーシング、ハルヒレーシング、イカ娘フェラーリ、初音ミクBMW・・・
と、いうことで時代に乗ってみた。

短時間で作った割には良いデカールができた。
見かけたヒトは、指差して笑ってやってくれ。ただ相当ハズカシイし、身内からも白い目状態なので、(もったいないけれど)週末には剥がすと思われる。
nice!(0) 

REGINA [Motorcycle]

REGINA.jpg

REGINAのGPチェーン。

D16RR用DP製525 -> 520コンバージョンキットに同梱。MotoGPで使われているものと同じチェーンということらしい。
確かに、Webで探しても一般販売されていない。

このチェーンに特徴的なところが、アウタープレートとインナープレートの面取り。
軽量化のためだろうけど、数十グラムのために随分とコストの掛る事をやるものだ。
nice!(0) 

Mt.Fuji [Life]

Mt.Fuji.jpg


こんな画像じゃ、どこだかわからないが、富士山。

9月に入ると通行規制も解除されて、5合目までのワインディングを楽しめる。しかも道中はガラガラに空いている。
しっかし、寒っ。冬装備できて良かった。

「せっかくここまできたんだから、登ってかない?」
「意味わからん。そんなつもりじゃないし。」
「なんとかなるんじゃない?」
「は??」

周りを見渡すと、ガッツリ重装備の山男、山女。ライディングウェアも重装備といえば、まぁそう見えなくもない。

「じゃ、いけるとこまで。ってことで。」

仕方ない。明日は休みだし。
って、こういう安易な富士山登山が危ないってテレビが言ってた。テレビが。

山小屋閉まっているし。でも、8合目まできっちゃたし。ガスって何も見えないし。

もう、下ろ。下ろ。


nice!(0) 

Titanium [Motorcycle]

D16RR_Exhaust3.jpg

チタン合金製のエキパイ。

東名浜名湖SAに駐車中、ケータイでこのエキパイをカシャ・カシャと撮影している女性に遭遇した。
(自分的には精一杯やさしい感じで)「何か?」ってきいたら、ビクンッと驚いて「スミマセンでしたァァァ・・・」と言いながら超高速で去っていた。

あの時の(ちょっとガッキー似の)彼女はエキゾーストパイプに何を見たんだろう?
なんとなく気になる。
nice!(0) 

Stainless [Motorcycle]

FullExhaust.jpg


磨いたエキパイがキレイに焼けてきたので、記念撮影。

ステンレス鋼は熱を加えていくと表面が・・・金属光沢 -> 薄金色 -> 飴色 -> 紫色 -> すみれ色 -> 濃青色 -> 淡青色 -> 黒色・・・と色が変化していく。これは「テンパーカラー」と呼ばれるもので、加熱によって表面にできた酸化皮膜の厚みが増えていくことによって反射光の干渉が起こり様々な色に変化して見える現象。
厚みが均一ではないシャボン玉が虹色に見えるのも同じ原理。

さて見た目は美しいテンパーカラーだけど、(特に)材料屋はこれを忌み嫌う。理由は、テンパーカラーが付くとステンレス鋼の特性である錆びにくいという特長を損ないやすくなるから。これは実験で確かめられていて、高温で大気に暴露されるほど孔食電位が低くなる。

溶接作業でテンパーカラーが付いた場合は、ワイヤーブラシや研磨、時には化学的な表面処理を施してテンパーカラーを除去するのが普通。

つまり、「美しく磨くことによって逆に錆びやすくしてしまっている。」っていうジレンマ。でもね、(面倒な話は色々あるけど)バイクはカッコイイのが一番。磨くのも自己責任だから、別にイイ。


nice!(0) 

Typhoon [Life]

Typhoon.jpg


台風15号、直撃。

台風上陸中にバイパスをワゴン車で走行。少しでも気を抜くと突風で車をもっていかれそうになる。車を運転していてあんなに恐ろしいと思ったことはこれまでなかった。
例えれば、「鈴鹿のS字切り返し時に、強風で逆方向に車体を持っていかれる怖さ」・・・って感じ。かえって、
わかり辛いか。

社に戻るとプレハブがバラバラになっているし、高い建物の屋根が吹っ飛んでいるし・・・その他被害が。後片付けが大変。


nice!(0) 

Tail Faring 2 [Motorcycle]

GetterRobo.jpg

こっちは、「ゲッターロボ」っぽい。
nice!(0) 

Tail Faring 1 [Motorcycle]

SEELE.jpg

穴をあけてから、ますます「ゼーレ」にしか見えない。
nice!(0) 

Winding Road [Motorcycle]

WIndingRoad.jpg

ナビがあると安心だけど、過信は禁物。

道はつながっているけど、ガケ崩れや丸太、道を覆い尽くす雑草までは案内してくれない。
ケータイのつながらない林道に単独で行くのはヤバ過ぎる。

nice!(0) 

Exhaust [Motorcycle]

Exhaust.jpg

MTSのエキゾーストパイプをバフった。

訳あってエキパイを車体から外した。エキパイをジッと見ていて思った。「磨き方は判っている。道具もある。掛かる時間も想像できる。・・・でも、めんどくせェ。」

で、考え方を換えてみた。「最速で磨くにはどうしたらイイか?」
ちょっとヤル気が出た。サイディングパッドと研磨剤を選び直し、グラインダーとボール盤の速度を変えた。一気にバフ掛け。約3時間で完了・・・ちょっと筋肉痛。
nice!(0) 

Oil Filter [Motorcycle]

OilFilter.jpg

「K&P Engineeringのオイルフィルター」

アルミの削り出しで作られたオイルフィルター。肝心のフィルター部は、35μのステンレス製ネット。
ネオジウムマグネット付き。フィルターが詰まった時に作動するリリーフバルブも(あたりまえだけど)付いている。

D16RRは油温計を取り付けるためにドレンボルトを温度センサーに交換している。そのためドレンのマグネットが無くなってしまい、少々不安だったのでこのフィルターを使ってみた。その後MTS1100sに付け替え、それぞれ2000km程度走行した。

D16RRでは、明らかに油温低下の効果あり。オイルフィルターの取り付け位置が通常のドゥカティとは違い、走行風が届きやすく、しかもフィルター自体がむき出しなのが良かったのだろう。
対してMTS1100sはフィルターがクランクケース内にほぼ隠れてしまうので、冷却効果はあまり期待できない。メーカーの効能書きにある、「エンジンオイルがフィルターを通過するときの抵抗が減少することでオイルポンプの負荷が下がり、結果エンジンレスポンスが向上する。」は明確に体感できなかった。

使い捨てのフィルターと最も違うのは、「フィルターを自分でクリーニング」しなくちゃいけない事。目の細かいフィルターに溜まった極小の金属クズを歯ブラシや爪楊枝を使ってキレイにすることは骨が折れる。

もっとも、愛車のオイルの中にどんな金属が混じっているか・・・って事さえも知りたいヒトには好都合かも。
nice!(0) 

Sparkling Water [Life]

Wilkinson.jpg

「炭酸水が好き。」

クリスタルカイザーとか、ペリエとか、スターナインとか、とか、とか、とか・・・
色々試したけど、最終的には入手しやすさとお値段でアサヒのウィルキンソンを常飲。

本当に毎日常飲。一日1000ml飲んじゃったりもする。
nice!(0) 

Dessinsdeju [Motorcycle]

tesi3D.jpg

http://www.dessinsdejul.fr/

とても好きなサイト。デザインが秀逸。シンプルなのに手間のかかった作り。
・・・というか、この tesi3Dがイイ。
nice!(0) 

Woman = Problems [Life]

Woman.jpg


1.(好みの)女性を見つけるには、時間とお金が必要。
[Woman = Time x Money]

2.時は金なり。
[Time = Money]

3.したがって、代入すると。
[Woman = Money^2]

4.お金は災いの根源。
[Money = √Problems]

5.したがって、代入した答えは。
[Woman = Problems]

誰が考え付いたか知らないが、A+評価ということは女性に相当苦労しているって事?
女性目線から見れば、WomanをManに替えても成り立つ?


nice!(0) 

FullMoon [Camera]

FullMoon.jpg

9月12日の月は「中秋の名月」。

9月12日午後6時27分に完全満月になるらしい。
一眼レフが手許になかったので、時間にあわせコンパクトカメラで名月の撮影にチャレンジした。
カメラは、キャノンのG10。画像はトリミングのみでレタッチや拡大・縮小は行っていない。

撮影モードはマニュアル。フォーカスもマニュアル。ISO80。最大望遠で月を狙った。
解像感は物足りないが、コンデジでもクレーターが撮影できることに驚いた。

アームストロングの足跡?・・・それは無理。

nice!(0) 

Michael Schumacher [MotorSports]

MS.jpg

昨日のF1、イタリアGPは見ごたえがあった。

今年のF1はシーズンを通して、近年稀なほどに面白いレースが多いが、その中でもモンツァでの高速バトルは最高と言って良いと思う。
トップ5にワールドチャンピオン経験者が揃い、なかでもミハエルがかつての輝きを見せたのが嬉しかった。

ミハエルの後ろを追い続けたルイスが、(彼にしては)異様に行儀の良いバトルを繰り広げていた様にルイスの心情が見えたような気がした。彼もミハエルとバトルし続けたかったに違いない。

ポディウムの真ん中で、いつものように満面の笑みで何度もジャンプするミハエルを見ることができるのももう少しかも知れない。
nice!(0) 

Cable [Audio]

USB.jpg


随分と立派な電線。これが「オーディオ・クラス」のUSBケーブル。

PCショップで一本500円で売られているケーブルと、機能上に差異はない。ご立派なケーブルを使ったからといってデータの伝送速度が2倍になることは、ない。ただし、お値段は100倍以上。

元々オーディオの世界には、「高級ケーブル」という分野があって、「ケーブル評論家」なる人までいる。そういう人の需要があるということは、つまり「売れている」ということなんだろう。一本100万円の電源ケーブルにお目にかかった事もあったが、もちろん機能は500円の電源ケーブルと同じ。じゃぁナゼ高価なのかというと、最高級の専用電線と最高級の専用プラグを使い、あらゆる制振処理やあらゆる電気抵抗低減処理を行い、熟練した職人が丁寧に組み立てる・・・ということらしい。

そんな、高級USBケーブルを借りることができた。結果、「あきらかにオトが変る」。解像感が増したり重心が下がったりといった根本的な改良には至らないが、音色に少し色艶がでたり少し瑞々しさがでたりする。
ディジタルケーブルでオトが変わる理由はよく分からない。プラグを抜き差ししたときに接点がキレイになったのかも知れないし、単に「変わって欲しい」という願望がそう聞こえさせただけかも知れない。

どちらにしろ、費用対効果は最悪なので自分が買うことはないが、趣味の世界にはこういうのもアリなんだろうな。


nice!(0) 
Next 20count | -
2011-08 |2011-09 |2011-10 blog Top
Send Message