2011-10 | 2011-11 |2011-12 blog Top
Next 20count | -

Magazine [Motorcycle]

RidersClub.jpg

最近はバイクの話題から遠ざかり気味。だって2台とも手許にないから、しゃぁない。

で、車庫の壁一面にあるバイク・クルマ・音楽系の雑誌を処分することにした。
GoogleじゃなくってGOGGLEなんて創刊号からあるし、RIDING SPORTSも80年代初頭からあったりするけど、気分良くバッサリ捨てちゃおうかなと。初期のゴーグルは勢いがあって面白いし、ライスポはリザルトに小さく自分の名前がある号はモッタイナイ気もするけど・・・バッサリ。

RIDERS CLUBも結構な量があるけど、何故か全く惜しくない。こっちも、バッサリ。

クルマ系は、CGとCarMagazineが主。どちらも(今となっては)重いだけ。
BOWさんの表紙だけはとっておきたいけど、そんなこと言っていると処分できない・・・バッサリ。

パラパラとめくっていたらtesi3Dの記事が・・・yasuさんならきっと持っているよね・・・バッサ!

ApplePie [Meal]

ApplePie.jpg

マッターホーンのアップルパイ(丸形)。

ミルフィーユ状の折りパイ生地の皿にカスタードクリームを乗せ、薄く角形に切ったリンゴの甘煮を丸く並べてから、甘さを抑えたシロップをかけてある。リンゴはほとんど生で、ほんのりとした酸味が絶妙。

本家にならって、スライスしたアーモンドをトッピングすると香ばしさが出て、さらに。
ごちそうさまでした。

Flower [Life]

Flower.jpg

Wow! 思いがけないプレゼントに「えぇっ」。感謝よりも先に驚きが。

「お花」の本場、オランダ大国のフラワーアレンジメント国家試験にパスしたプロ・フローリストの手になるアレンジメント。
あえて淡い色調の花弁を配して大人の雰囲気を出しているのに華やかさを失わない・・・って、やはり流石。真っ白なカウンターの上にこの花だけを置きたくなる。

とても素敵です。ありがとう・・・と言うより、ありがひゃく位の気持ちでいっぱい!

K-ON!! [Life]

K-ON.jpg

LAWSONの「けいおん!フェア」グッズの山。

よく見ると、レア・アイテムも混じっている。誰かさんの誕プレらしいけど、こんなにもらってもなぁ〜。

Sora x2 [Dog]

Sorax2.jpg

ソラが2匹?

いやいや、異父兄弟のリックがお泊りに。
姿も性格もそっくりなおふたり。延々と屋内運動会か続いて人間達は呆れ気味。

Black Friday [Life]

BlackFriday.jpg

今日は、「ブラック・フライディ」。

アメリカでいう感謝祭翌日の金曜日。この日からクリスマスセールが始まって小売店が一斉に値下げ、売り上げが伸びて黒字転換することからこう呼ばれる。
USでは「Black Friday Sale」は、とても一般的。日本ではあまり馴染みはないけれど、海外通販などでUSの店を使う場合は「円高 + 年に一度のセール」だから、ビックチャンスなのだ。

もしかしたら、TPP参加で来年の今頃は「ブラック・フライディ・セール」の波が合衆国から押し寄せているかも知れない・・・のは逆に少し不安だ。

Fuchu [Life]

Fuchu.jpg

どこまでも続く白い壁、府中刑務所。有名な三億円事件の現場。

以前は監獄のイメージ通りの灰色コンクリート塀。その後、あまりにも暗〜いイメージを払拭しようとしたのか、パステルカラーのポップな絵を描いたりしたけど返って不気味だった。現在はこんな建材的な外観。

実は、刑務所の隣にある工場の建物に登ると壁の内側が覗けてしまう。自由を規制されているという事では、内も外も大差ないよね・・・と、当時の同僚と話した事を思い出した。
皆、元気で活躍しているだろうか。

QuickTake [Camera]

QuickTake.jpg

AppleのQuickTake。人生初のデジカメ。

当時のAppleのノートパソコンPowerBookと同じ質感とデザインを持った、「Apple製のオリジナル・デジタルカメラ」。Appleが独自にデジカメを開発したのは、後にも先にもQuickTake100/150だけ。

スペックは、単焦点のパンフォーカスレンズ付き、640x480の24bit PICT形式画像を内蔵の1MB EEPROMに8枚保存可能。信じられない位の低スペック。転送はApple独自のシリアルポート(ADB)を使う。外部記憶メディアなんてものは無い時代だから、ABDポートを持つ旧式のMacintoshでないと撮った画像を見ることはできない。

出てくる画像は使い捨てカメラ的で、どこにも焦点が合っていないような平べったい画像。お値段は、確か5万円位は支払ったと思う。本体にあまり傷が付いていないから、本格的に使った事は無かったのだと思う。

ただ、こうしてQuickTakeを手にすると当時のワクワク感がよみがえってくる。

QuickTakeの中に残っていたデータを取り出すと、当時乗っていた車と幼い子供が写っていた。
機材は変わったけれど、やっていることは10数年前と変わらず進歩がないみたい。

MINISTOP [Meal]

MiniStop.jpg

自宅周辺にミニップが次々と増殖中。

やっぱり、「ミニップのソフトが最上」だと思う自分にとってうれしい限り。

Mathematics [Life]

Math.jpg

高校生に、「数学を勉強する意味」を問われた。

よくある、「受験勉強に意味を見いだせない」類いの話かと思ったけれど、よくよく話しをしてみると「効率の良い勉強方法」を模索している途中の疑問だった。

瞬間的に、この高校生は「伸びる」と思った。

例えば人に何かの課題を与えられた場合、最初にしなくてはいけない事は「課題に取り組む」ことではなく、「課題が出された経緯を探る」こと。つまり問題の解決策を探るのではなく、問題自体についてまず考える。こうすることで、物事をひとつ上の次元から眺めることができるようになる。物事の上位概念を見つめる事で、問題の意味合いをはっきりと浮かびあがらせることができる。その結果、新しい解決方法が見つかったり、時には問題自体に全く意味が無かったことに気づかされたりもする。

この手法は物事の本質を見極めるのに有効な方法だと思うが、実は方法論としてまだ入り口に過ぎない。たやすくはない過程を辿るには、常に思考し続けなくてはならない。

この大切な思考の妨げになるのは、「過度な情報量」だ。人は情報が与えられると思考を停止してしまう。ネットを検索し情報を得る作業は能動的な行動に思われるが、その実、与えられた情報を取捨選択しているに過ぎない場合が多い。
得られる情報が多ければ多いほど、それを上回る思考と行動が必要になる。

このブログは、ややもすると情報の波に押し流されてしまいそうになる自分への戒めとして、少しでも思考の機会を増やすための道具でもある。


・・・なんてナ(笑。

VR 1/1 [Motorcycle]

VR.jpg

うちの車庫に、1/1スケールのヴァレがやってきた。

そんなにジッと見つめられてもなぁ・・・

Riding Boots [Motorcycle]

Boots.jpg

ブーツに穴が開いた。

毎度毎度、同じ場所。親指のつけ根辺りの靴底が掘れてくる。他はまだまだ使えるのに、あぁもったいない。
靴底を張り替えた事もあるけど、どうもシックリこなくなくなる。腕がイイと評判の川沿いの修理屋なんだけど。

Lumbago [Life]

NHK.jpg


「腰痛」は厄介。グチグチと痛みはじめると、日常活動50%ダウン、モチベーションはもっとダウン。
バイクに乗る気になんて、ならなくなる。

TVレコーダーの検索ワードに「腰痛」と入れておいたら、NHKの番組「ためしてガッテン」が引っかかった。NHKとはいえTVなので話半分としても興味深い内容だった。要約すると、
・ヘルニアは腰痛原因の5%、しかもマクロファージの働きで自然治癒する場合もある。
・85%は原因不明。
・腰痛持ちは、脳内(側坐核)の働きが弱まっている。
・側坐核はストレスが原因で働きが弱まる。すると、小さな痛みが激痛に感じるようになる。
・側坐核は楽しいことがあると、働きが強まる。

酷い腰痛持ちで死にたいとさえ思っていたオバチャンが柴犬を飼い始めたら回復した。・・・なんて話も、素直に「ヨカッタね」と思えたりする。

つまり・・・「腰が痛い」->「活動低下」->「医師・家族の不理解」->「さらに痛い」・・・という悪循環がストレスを産み脳内の鎮痛システムが働かなくなる。悪循環を断ち切るためには、「楽しいこと」をすればイイ・・・らしい。

結果、自分の場合は、「腰が痛くなったら、バイクに乗ればイイ。」
禅問答みたいだけど、本当か? おもいっきり立ちゴケしそうなんだけど。


Pit Walk Photo Collection [Motorcycle]

RacersArchive.jpg

大日本絵画発行の、MotoGP Racer's Archive。

元々はタミヤのプラモデル製作に役立つ資料集として発刊されたシリーズ本。
内容は写真・コメント共にマニアな人々を完全に満足させる出来具合。ここまでワークスマシンの細かいディティールを撮影した写真本は無い。しかも、シリーズ7巻までは元ヤマハワークスメカニックの吉村誠也氏が原稿を執筆している。

「2007年のRC212Vはシーズン中に3度もフレームを変更している。」みたいな大物から、「ヤマハ車だけは、エキゾーストのマフラースプリングにワイヤリングを施している。」っていう小物まで、見て読んで楽しくなる。

残念ながら2008年からは発刊が終了してしまっている。

Adventure [Motorcycle]

DUCATI.jpg

BMW.jpg

KTM.jpg

YAMAHA.jpg
この頃バイクの嗜好が、スポーツ系からアドベンチャー系に移りつつある。
(セパハンがキツイと感じる年頃で)。

そんな自分を見計らったかのように、スペシャルなアドベンチャーツーリング・モデルが次々と。
他にも、ホンダとかカワサキとかグッチとかトライアンフとかあるけど、まぁイイや。

それにしても、この4車種は魅力的すぎる。

でも本当は一回り小柄な、MTS848、R80GS、640ADV、XT660Zなんかが(もしあれば)さらに良かったりもする。

GP11 #46 [Motorcycle]

46.jpg

ドゥカティ・ストアで扱っている、MAISTO製1:18スケール・モデル。

お値段お手頃な割に中々の作り込み。赤と黄色の蛍光色も再現性が高い。
プラスチッキーな粗が目立たないように、逆光気味で撮影。光で遊んでみた。

全国的に品薄みたいだけど、#46はDUCATI HAMAMATSUに極少数の在庫がある模様。
ちなみに#69は、ここに。

Birthday [Life]

Birthday.jpg

Happy Birthday,Yumi.

Motorcycle Design and Technology [Motorcycle]

MDAT.jpg

「Motorcycle Design and Technology」

オートバイの動きを物理法則に則って解説している良書。
キャスター角、スイングアームの長さ、ホイールベース、タイヤ径、重心位置、リーンアングル・・・経験上、「ここがこうなると、こういう動きをする。」ってことは何となく判っているけれど、ナゼそうなるのか考える指針をこの本は与えてくれる。

慣れ親しんだ物理法則や計算式を使って整然と解説されると、「なるほど」と納得。基礎が判れば、例えばサスセットをイジるのにも明るい道筋が見えてくる。この技術書は、百編のライテク本よりもズッと価値があると思う。


モーターサイクルの設計と技術

111111 [Life]

111111.jpg


今日は100年に一度の、'11/11/11。

昭和から平成に元号が変わった時に、自分は年のカウントを全て西暦に変えた。
「昭和 <-> 平成」の変換が煩わしかったから。
PCでファイルを作るときには日付を先頭に付けるのが癖になっている。西暦の上位二桁は略すから、「111111_出来事.doc」といった具合のファイル名作成ルール。
だから、日に日に「111111」に近付いていることは実感していた。

911以降、「11」は不吉な数字になってしまった。しかも今日は満月。

平穏な一日であることを祈りたい。

MOEGI [Motorcycle]

MOEGI.jpg

EICMAじゃなくて、12月の東モで発表されるヤマハの「Y125もえぎ」。

これは、イイ!
パッと見、オシャレな自転車だけど、YA-1へのオマージュも入っているし、見方によってはリジットのナックルヘッドにも。

「ひとつお願いします。」
Next 20count | -
2011-10 |2011-11 |2011-12 blog Top
Send Message