2012-04 | 2012-05 |2012-06 blog Top
Next 20count | -

D16RR Unforgotten No.3 [Motorcycle]

Seat.jpg

 「デスモセディチの備忘録」

セディチにはシートレールが無く、カーボン製のリアフレームだけででライダーの体重を受け止めるつくり。
リアフレームには「カーボンに直接」タップが切ってあって、シートをネジ止めする。
シートの構造は、カーボン製のベースに黒いスポンジを「蒸着」してある。

(非常識に)コストの掛かったシートなのは一見で判る。でも、自分にはシート表面の滑り具合がNG。
シート表皮を張り替えてもらおうと思ったけれど、プロから「無理」と通告された。
「やっぱり、そうだよね・・・」。だって「シート表皮」が無い構造・・・スポンジを型で作り、カーボンのベースと一体で蒸着してあるのだから。

ならば、ノーマルのシートを使わないで、リアフレームに市販のスポンジを両面テープで貼ろう、と。

問題は、リアフレームの凹み。リレーなどの電装品が収められている。ここにピッタリと合うサイズの「フタ」を自家製作。

KUSHITANI's Wallet [Life]

Kushitani_Wallet.jpg

「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」

同行者のプッシュもあって、ついつい財布をご購入。

自宅で包装をほどくと、プ〜ンと「KUSHITANI のツナギ」の匂い。
たったこれだけで、「買って良かった」。

Thunder [Life]

Thunder.jpg

夕暮れ時、突然真っ黒な雲が現れたと思ったら、ゴロゴロ!

雷が鳴り始めて、ほんの数分・・・バケツをひっくり返したような(という表現がピタリな)土砂降り。
こんなに急変する天候って・・・ちょっとキヲクに無い。
天変地異の前触れ?  まさか。

Side Case [Motorcycle]

Case.jpg

 990ADVのパニアケースにスリ傷。

道路の左端を走行中の左コーナー。
いつものように、スッと体重移動したらガッッーンと衝撃。リアタイヤが跳ねて横っ飛び(冷汗。

何が起きたかは瞬時に理解。ガードレールとパニアケースが接触・・・。何事も無かったのは、運。

パニアケースを付けると(ちょうどタンデムライドと同じで)リア荷重が増えて、自然とバイクを曲げやすくなる。気分よく曲がってくれるバイクに車幅感覚を忘れていた。
好事魔多し。

Test Ride [Motorcycle]

DUCATI_Fear.jpg

 「DUCATI Test Ride Caravan」

新東名・ネオパーサ清水で開催のドゥカティ試乗会。
高速道路のパーキングエリアで試乗会とは!? 二輪・四輪を含めて、そんな話聞いたコトない。

「今が旬」の新東名・ネオパーサだからこそ、か?
おなじみのドゥカティ・ガールが3人。それに、ディアベルのAMGにクロモ。DIESELとコラボなモンスター。どれも、クール!

Wasabi [Meal]

Wasabi.jpg

 道の駅 天城越え 名物、「わさびソフト」

ごく普通のバニラソフトに、これまたごく普通の生わさびをトッピング・・・しただけ。

絶対に別々の方が美味しい・・・っていうパターンの典型例。

D16RR Unforgotten No.2 [Motorcycle]

Engine.jpg

 「デスモセディチの備忘録」

シリンダーブロック、クランクケース、カムギアカバー・・・エンジンの主要パーツは砂型鋳造品。

イタリア工業産業は伝統的に「鋳物」が得意。
MotoGPのヤマハ・エンジンやF1のメルセデス・エンジンが切削部品の塊なのに対して、ドゥカティやフェラーリのレーシング・エンジンは鋳造部品の割合が多い。

鋳造の利点は、合金を自由に作る事ができるコト。難しい技術だけれど、適材適所で最適な合金を鋳込むことができれば、見事なモノができあがる。

D16RR Unforgotten No.1 [Motorcycle]

Exhaust.jpg

 「デスモセディチの備忘録」

・ECUによってメーターパネルのスタート表示が変わる。
NORMAL ECU 「D16RR」
OPTION ECU  「D16RR RACING」
DP ECU  「D16RR RACE EVO」

陸運局にD16RRに関する資料が出回っていて、メーターパネルに「RACING」が表示されると、車検NG らしい。

・ECU/エキゾーストによってエンジンの最高回転数と馬力、車重が変わる。
NORMAL:5500rpm/61ps/175.5kg
OPTION:13000rpm/200ps/171kg
DP:15000rpm/220ps/166kg

DP仕様は高回転域のレスポンス重視のエンジン・セッティングなので、低回転域は(比較的)ダル。
・・・なので、(低回転域で流すには)DP仕様が一番乗りやすかったりする。

Eclipse [Life]

Eclipse.jpg

 「iPhone + 溶接面 」で日食を撮影。

低い解像感とボケ具合が、かえって神秘的(苦笑。

「電波望遠鏡で宇宙の果ての銀河を撮った。」とでも言ってみたい気分。

Welding Mask [Life]

Mask.jpg

 5月21日は、金環日食の日。

当日が近づくにつれ、太陽メガネがお店から消え去った。
でも大丈夫。愛用の溶接面があれば、安全に太陽を凝視できる・・・のさ。

Tubless Kit [Motorcycle]

OUTEX.jpg

 990ADVのスポーク・ホイールをチューブレス化した。

一人きりの林道・ガレ場。ここで(もし)タイヤがパンクしたら、車重200kg超のバイクを押して山を下ることはできない。バイクを捨てて助けを呼ぶ? ここは、ケータイがつながらない山奥。
・・・絶対にヤバい・・・チューブレスタイヤをつけようと、心に決めた。

キット供給元のOUTEXのWebページ。Q&Aに・・・
Q1: 施工は簡単にできますか?
A1: 説明書をよく読んで順序良く作業して頂ければ、特に技術が必要なことはありません。
と、ある。

施工作業を間近で見ていて、OUTEXの回答は楽天的に過ぎると思った。

経験を積んだ信頼できるショップに依頼したほうがイイ(いや、依頼しなくてはいけない)。

Lake [Motorcycle]

Lake.jpg

 季節の変わり目は、空が様々な表情を見せる。

オートバイ乗りは、天候や気温に敏感。WeatherNewsをチェックするのが日課になり、出かけるときは雨雲レーダーやウェザーリポートで目的地までの天候を読む。
慣れてくると、風向きや空気の湿気で雨を(ある程度)予測できるようになる。

とは言っても、雨が降り出す直前の空気がグッと重くなる瞬間が好きだったりもする。

Stoner to retire [MotorSports]

Retierd.jpg

 ロッシ的には、(色々な意味で)先を越された・・・感?

Beer [Life]

Beer.jpg

 「第四の ビールと言って 麦茶だし」

とあるスーパーで見かけた、川柳。主婦向けのお題は、「わが家の家計見直し」

背筋が、ゾッ・・・とする(おとうさんカワイソウ)。

240RS [Car]

240RS.jpg

 「NISSAN 240RS」

不意に目の前に現れた、グループBのホモロゲモデル。
免許を取立ての頃、憧れた・・・ナ。でも、実車を見るのは初めて。

小さな夢が叶った。って感じがした瞬間。

Uno (I.G.) [Dog]

sora_uno.jpg

イタグレのウノ。

遊び盛り、1歳のウノにロックオンされた、ソラ。
必死に逃げるけど、ハウンド系犬種にスピードで勝ることは、無理!?

Rock [Motorcycle]

OOYAKUZURE.jpg

静岡市葵区の大谷崩。1707年の宝永地震によっておきた山体崩壊の跡。

数えきれない巨石が山頂から川下まで・・・幾重にも積み重なっている様は、ド迫力。
しかもゴロゴロと転がっている岩は、まるで鋭利な刃物で切り取ったように角が立っている。巨大な、自然のパワーを全身に感じる。

新東名、新静岡ICから北へ40km。梅ケ島温泉を目指せば辿りつける。
道中は、安倍川沿いを走る20km超の長い長いワインディングロード。高速コーナーから、ヘアピンまで様々な表情を見せる交通量の少ない道は、990ADVにピッタリとハマる。

楽しぃ。また行こう。

Pearl [Dog]

sora_pearl.jpg

白い柴犬のパール。

ソラと延々、追いかけっこ。同い年だけど、持久力、瞬発力、共に日本犬の勝ち。

Fish [Meal]

OOMATSU.jpg

昔ながらの和食処、大松。

ここは、とにかく魚がイイ。
自分は、鰹の土佐造り。旬。
連れは、鯵のタタキ。お頭の口がパクパクするほど、新鮮。

旨くない訳がナイ。

Retire? [MotorSports]

VR464.jpg

って、ヴァレ 今シーズンで引退?

http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/motorcycling/9250594/Ducati-rider-Valentino-Rossi-expected-to-retire-from-MotoGP-at-the-end-of-this-season.html

「Ducati rider Valentino Rossi expected to retire from MotoGP at the end of this season」

だそうだ。
何となく信憑性のありそうな内容。バージェスの引退とかも引き合いに出しつつ・・・

トバシ記事かも知れないけれど、読んだヒトが「ああ、やっぱりな」って思うって事は、そういう状況が周囲に認識されつつある・・・のか。
こういう風評を跳ね返すのは、容易ではないと思うけれど・・・ロッシならば、性能の劣るマシンでもトップに立てると信じたい。
Next 20count | -
2012-04 |2012-05 |2012-06 blog Top
Send Message