2012-07 | 2012-08 |2012-09 blog Top
Next 20count | -

Bolt [Motorcycle]

LC8.jpg

ボルトがユルユル。

ハスクが車庫にあった時はチェーン掃除とボルトの増し締めがセットだったけれど・・・KTMもユルむ。気がつけば、ボルトが一個無い。油断したっ。

KTMはオーストリアのメーカー。オーストリアは環境意識の高い国。ボルトナットの表面処理で一般的なユニクロメッキも禁止。しかも、使われているボルトはほとんど見掛けない、トルクス穴付きの六角ボルト。

ホームセンターで買ってきたキャップボルトじゃ、違和感。
純正オプションパーツで各種ボルトのセットがある理由がわかった。

Home [Motorcycle]

Key.jpg

「帰るために出かける」

キーをオン、エンジンをかける。車庫からバイクの前輪が出た瞬間から、開放感で一杯になる。
でも、やっぱり時間が経てば元の場所に戻ってきてしまう。
バイクは危険な乗り物。
最近、「無事に帰るためにバイクで出かける」のだと思うようになった。

世界中を徒歩で旅している友人がいる。
ひと月に一通、メールが届く。今はニュージーランドに居るらしい。
今回も、「無事に帰ってこい」とだけ返信した。

End of summer [Life]

Road.jpg

夏が終わろうとしている。

夏休みが終わる頃、自転車に乗って転校した友達の家まで。
行けるはずだったのに、どんなにペダルをこいでも目印の赤い屋根が見えてこない。傾きだした太陽。疲れて泣き出す女の子。
駄菓子屋を見つけて、みんなで同じホームランバーを買った。日が暮れて、道もわからない。
草っぱらに輪になって寝転んで、いつまでも木のスティックを噛んでいた。
流れ星。
夏の夜空に何度も何度も流れる星。ときに短く、ときに長く。
「おぉ〜」とか「すげぇ〜」とか言い合いながら、不思議と心細くはなかった。

どうやって家に帰ったのか思い出せない。多分、忘れたい記憶なんだと思う。
でも、夏草の匂いと流れ星は、毎年思い出す。

SAMCO [Motorcycle]

SAMCO.jpg

FedExの荷物が不意に届いた。

SAMCOのホースキット。
国内ではD16RR用の取り扱いがない。それで、随分前に海外通販したの・・・忘れていた。

D16RRはとにかく熱い。暑い、というより、熱い。
ホースを高品質のものに替えたくらいで、劇的に水温が下がるとは思っていない。
ならば、いっそサーモスタットを撤去。
真冬でも信号待ち一回で冷却ファンが回るのだから、サーモスタット要らなくない?
むしろ、サーモスタット内部の流動抵抗が冷却を妨げてない?

・・・でも、サーモスタットの除去はキケンだ。オーバークールか、でもオーバーヒートよりはましか。フェラーリのF355はサーモスタットの除去が定番だったし。そもそも、F355チャレンジには付いてないし。いやいや、2stの時はオーバークールに苦労したな・・・

とにかく、サーモスタットを注文して分解してみよう。

Night Ride [Motorcycle]

Night.jpg

凶悪な太陽を避けて、夜走り。

AM1:00出発なので、(当然)ひとりぼっちで。
こんな時間に走っているのは、路線便のトラックか高速バスだけ。

「新東名、静岡県内総工費2.5兆円を独り占め。」 とか、
「1mつくるのに1.6億円だから、今一瞬で10億程消費したな。」 とか。

(夜中ならではの)くだらない事を考えつつ、冷え冷えの高速を全開で。

Sunset [Life]

Sunset.jpg

少しだけ距離感のある、カップル。

なぜ海に来て、これからどこへいくのか?
深く詮索する気はないけれど、ごく浅く気になる・・・ただ、
夕暮れの海が似合うのは、船乗りでもサーファーでもなく、彼らのような気がする。

Hornet [Life]

Bee.jpg

車庫の軒下に、スズメバチ。

見張り番が巣穴から顔だけ出して警戒中。
写真を撮っているうちにダンダンと「勝負」したくなって、マクロ撮影できる距離まで接近。

黄、黒の派手な外観。大型カッターみたいなアゴ。複眼。それに毒針。集団攻撃。
・・・最強・・・怖えぇ。

Tank Guard [Motorcycle]

Guard.jpg

濡れた岩場に前輪をすくわれて・・・ガシャン。

走行不能になるどころか、ぜ〜んぜん、壊れていない。
コケてみて初めて判る、990ADVのスペックに現れないスゴさ。

もぅ絶対、コカしまくって仕様決定しているナ。

Truck [Life]

Truck.jpg

この頃よく見かける、「タイヤが浮いている」トレーラー。

最初は「なんじゃこりゃ!」 って感じだったけど、理由と仕組みを教えてもらってからは、「なるほど」。

・タイヤの消耗を抑えられる。
・転がり抵抗が減るから燃費向上。
・ブレーキライニングの節約。
なにより・・・
・高速料金を節約できる。

この仕組みを「リフトアクスル」というらしい。要するにエアサス。
ちなみに、「手動」でタイヤを上昇させることはできない。軸重を感知して「自動」で上昇・下降させるか、「手動」で下降させるかのどちらか。

高速の料金ゲートを潜るときだけ上昇・・・ってのはムリみたい。

Sparkler [Life]

Fire.jpg

庭で花火。

庭木を目印に水平ロケット10連発。可哀想な草木達よ。

でも、シメはやっぱり線香花火。

Torch [Computer]

9800.jpg

BlackBerryの調子が悪い。

調べて見たら・・・GoogleがBlackBerryのサポートを止めていた。
ほぼ死に体のBlackBerryの息の根を止めるつもりか?

「通信機器は安定性が第一」
使い勝手の出来・不出来よりも、「常につながるコト」が重要。

って事からすると、BlackBerry+Docomoの組み合わせは最強だったのに。
とんだところに、落とし穴。
Androidなんて・・・ダイキライ、だ。

Shine [Motorcycle]

Tank.jpg

未明から豪雨。予定は、キャンセル。

朝早く起きてしまった、こんな日は・・・タンク磨き(泣。
車庫の屋根を目一杯、たたき続ける雨音・・・と同じ位のカタルシスでタンクを磨きこむ!

ヘルメットのアゴが収まるタンクのクボミ周辺が一番、小傷が多い。
あえてポリッシャーを使わずにハンドで磨きこむ。

次第に粒度を下げ、最も粒の小さい研磨剤で磨き続けていると・・・ある瞬間・・・
鏡面磨きをやったことのあるヒトならば、必ず知っている感覚。
「ツルン」とクロスが滑る。

ここまできて( ようやく )鏡面の下地完成。

Heavy rain [Motorcycle]

Rain.jpg

突然の「豪雨」。

バイクだと、単調な道が「危険な冒険」に様変わり。
雨を受け入れてしまえば、ワクワク感が高まる。

Fireworks [Life]

FW.jpg

「ふくろい遠州の花火」を桟敷席で。

しとしと雨に無風。
花火を観るにはコンディションが悪いけれど、年一の大きな催し。涼と音で楽しむっていう手もあるしね。

Holiday [Motorcycle]

Charger.jpg

夏休み、突入。準備OK。

・・・雨空に泣ける。

Goodbye 46 [Motorcycle]

AGV.jpg

やっぱり、買っておこうかな?

Fuel Jug [Motorcycle]

GAS.jpg

「1000cc、ガソリン携帯缶」を入手。

山奥に分け入るときは、この1リッターが心強い。
これで夏休みに突入しても、大丈夫?

Headlight [Motorcycle]

SSR.jpg

1993年から始まった、ヘッドライト常時点灯のメーカー自主規制。1998年からは保安基準が制定。
98年式以降のバイクで、ヘッドライトを消灯できるスイッチが着いている車両は車検に通らない。

990ADVをHID化してから微妙な問題が発生。10回に一回程度の頻度で、ETCのゲートが開かない。
ゲート侵入速度を極端に落とせばまず間違いなく、ゲートが開いてくれる。でも、ちょっと気を抜いてスーッと侵入すると、エェー。
これは絶対、ノイズだと確信。
スペースの都合で、HIDのバラストとETCのアンテナの設置距離が近い。

バラストに鉛を貼ったり、ケーブルにフェライトコアを付けたり・・・対症療法的にノイズ対策をやってもいいけど、上手くいかないとドツボにハマる。

で、根本療法。ヘッドライトを消してETCゲートに侵入すればイイ。
でも、ヘッドライトスイッチは(上記の通り色々あるので)追加したくない。

解決策は、モトライトという名のSSRを使ったリレー回路を追加。
設置は超カンタン。何本かのコネクタを差し替えて回路を割り込ませるだけ。

ヘッドライトをONするには、パッシングスイッチをON。
OFFにするには、キーOFF。
・・・ってコトは、ETC侵入前にエンジンOFFの必要ありか・・・やっぱり微妙だ。

Nuclear power [Life]

Hamaoka.jpg

「浜岡原子力館」

発電は停止中だけど、原子力館は通常通り開館中。
皮肉にも「福島」以降、来館者は増加中。

展示内容も「福島」を意識したものに衣替え。「津波対策」に重点を置いたものが目立つ。

エレベーターで展望ルームに登れば、例の「防波堤」を見渡す事ができる。
上から眺めた印象は、「あんなので大丈夫?」

全ての日本人が見た、あの津波の威力からすると、あまりにも「ちゃっちい」。

Tirol [Life]

Shimoguri.jpg

「下栗の里」

山間地を行くと、時々山の中腹にポツンと一軒家を見つけることある。
「一体、あんな不便な場所にナゼ?」と誰しもが思う。
そんな一軒家が集まって集落をなすと、それはそれで迫力。

TVCFやジブリの取材で有名になってしまった、下栗。
でも、集落の下側からのアクセスは昔と同じで、大変。落石、崖崩れ、草が側溝を覆ってしまっていた。

やっぱり、高原ロッジからのアクセスが吉。
Next 20count | -
2012-07 |2012-08 |2012-09 blog Top
Send Message