2012-08 | 2012-09 |2012-10 blog Top

Tricolore [Motorcycle]

tricolore.jpg

1199 Panigale S Tricolore。

いよいよ、日本デビュー。

逆スラント形状のLEDヘッドライト。
横からみると、エアインテークに「ガバッ」と大量の空気を取り込む感が、強烈な造形。

取り込んだ空気は「ドキュ〜ん」と解放しなきゃ糞詰りになってスピード感が損なわれるけれど、パニガーレの形はよくデザインされている。
サイドカウルの大胆な切り欠きが空気の流れを視覚化し、跳ね上がったテールカウルに沿って風が消失する。

一見、文句の付けようの無いデザイン。しかも、プレミアム感までも演出している。

でも、バイクは乗ってみてナンボなので。

TRITON [Motorcycle]

TRITON.jpg

TRITON。

うはぁ、超珍車・・・「トライトン」。
そんな名のメーカーは、無い。ノートンのフェザーヘッド・フレームにトライアンフのエンジンをのせた、(いいとこ取りの)ニコイチ車。トライアンフにノートンだからトライトン。
いくら名車とはいっても乗り心地は、きっと旧車丸出しのハンドリング & パワー感 + 様々な扱い辛さ・・・なんだろうな、凄くカッコイイけれど。

ニコイチといえば、RSのエンジンにTZのフレームでTSR AC28なんてのもあった。こいつもスッゴク、カッコ良かった。

どれもこれも、メーカーの技術者からしたら卒倒しそうな(ひど過ぎる)改造車。
でも、その道の達人が情熱を持って作れば、一台限りの儚い魅力に溢れたモノにもなる。

Momokuro [Music]

B&R.jpg

BATTLE & ROMANCE アナログ盤。

今時、新譜のアルバムをアナログ盤(LP)で発売できるアーティストは、極々限られている。
山下達郎、スピッツ、Perfume・・・けいおん!、きゃりーぱみゅぱみゅ・・・ん?・・・まぁ、いいや。

とにかく、そんな音質を重視したコダワリのアーティストの一員が、ももクロ。しかも、ジャケット写真はビートルズへのトリビュート。

「本格派」

ライブは当然、テレビ出演でも口パクなし、常に生歌。
楽曲は一聴すると奇をてらった企画モノ・・・だけど、歌詞を読んでみると、深い。
週末アイドルとして生きる彼女達の苦悩や決意が隠されていたりして・・・ナカナカ面白い。

それに、YouTubeで聴くライブ音源と、LPの音源に差が少ない・・・ってのも面白い。
もちろんライブの音源は生歌なので「荒れて」いるんだけれど、LPの音源にも「荒れ」が残っている。AKBシリーズやジャニーズ系のように、アルバム音源だけが妙にブラッシュアップされていることは、無い。
コスト削減のための「一発録り」なのかとも思うけど、イヤイヤきっと回りのオトナ達の計算。意図的なモノに違いない。

EXPO'70 [Life]

Taro.jpg

42年振りの、「太陽の塔」。

「顔」だよね、ただの顔。その「顔」に未来と宇宙を感じる。
幼い頃、人ごみの中で見上げた時と同じ感覚がヨミガエル。

これだ。時と場所を超える、これがゲージツの普遍性。
知的な宇宙人が塔を見れば、きっと感動するに違いない。

Commufa [Life]

Commufa.jpg

思えば、ネットワーク回線を次々と替えてきた。

まだ、インターネットというモノが世の中になかった時、32Kpbsのアナログモデムを使ったパソコン通信(死語)から外部接続を始めた。

しばらくして、夢のディジタル回線ISDNをいち早く導入。
ISDNはディジタル回線だけど32Kbpsか64Kbps。「ピーヒャララ・・・」のアナログモデムよりも劇的に早くなった・・・なんてことは無かった。ただし、ISDNからはようやく「常時接続」が身近に。回線接続料金は、とても高価だったけれど。
接続時間による課金を気にしなくて良くなって、インターネット接続・・・www、ftp、mail、telnet・・・環境が整ってきた。
ISDNの時代は長かった。いまでも、PHSとしてISDN回線は生き残っている。

ISDNの次は、ADSL。せっかくディジタルにした回線を、まさかアナログに戻すとは思わなかった。
でも、ADSLの速度は劇的だった。ISDNの数十倍。接続料金も大幅に下がった。
同じインターネットなのに、接続速度が向上するとパラダイム・シフトが起きる。
「動画」である。速度が速くなるだけで、できなかったコトができるようになる。

そして、ワールドカップと一緒についに真打ちが家庭にやってきた。FTTHである。光回線。理論速度、100Mbps。アナログモデムの、なんと3000倍。家庭内ネットワークを組んで、数台のPCで同時接続しても速度に不満は感じない。
LANとWANの速度が近づき、webが2.0に進化し、クラウドに至る。リアルタイムな「外部記憶」が実現する。

物理的に光回線以上の通信速度を出せる環境は無い。
だから、次は・・・接続料金、だ。
長らく世話になったNTTから、KDDIに。コミュファ光に乗り換え。

Starbucks [Life]

MySB.jpg

スタバでドリップコーヒーのショートを受け取り、そのまま店を出たら・・・

「お客様、お待ちくださぁ~い。」と、店員さんが(すっごい勢いで)駆けてきた。
追いかけられると(本能的に)逃げたくなる・・・気持ちをグッと抑えて振り返ると、彼女はレシートを持って来た。

・・・そんな、レシートを受け取らない位で大げさな・・・そういう社員教育なのか・・・と、瞬間的に思っていたら。

「お客様、大変めずらしいレシートが出ました!」と、叫ぶ。

正直、勢いに押されて・・・ドン引き。

なんでも、ネットでアンケートに答えるとドリンクが無料サービスされる、「当り」のレシートらしい。
ドリンクはありがたく頂くけれど、そんなにテンションの上がるコトなの?

10000km [Motorcycle]

10000km.jpg

10ヶ月で、10000km。

初冬から走り始めて、極寒の真冬を越え、花粉症の春が過ぎ、梅雨でも走り、灼熱の夏が終わる。

夏は、「暑い、暑い」って言いながら大汗をかいて乗るのが、イイ。
冬は、最新のウェアを選べば氷点下でも案外、イケる。
雨は、濡れきってしまえばアキラメが付いて、かえって心地よい。
花粉症は、ん〜、マスクと薬でなんとか・・・したい。

Miscalculation [Motorcycle]

Q.jpg

明日のための点検・軽整備。

の、ハズだったけれど。
「ネジを落とした・・・最悪の場所に」

で、拾うために、結局バラっちゃった。

しかも、気になるトコが見つかっちゃった。
「ネジ穴、なめてるトコあるし・・・」

えっ、M8の修正タップ、持って無いし。
ゴマかして組むコトはできるけれど、どうせまたバラさなきゃならないと思うと・・・ね。

「こういうコトって、あるよね。」
・・・スミマセン。一日、延期、してください。

Cloud [Life]

cloud.jpg

低い空には、いわし雲。高い空には、入道雲。

この季節は、雲が南から北西に向かう。雨雲が南東からやってくる。
雨に遭わないためには、雲と風向きに注意が必要。

「風を読む」方法は、ゴルフで覚えた。
砲台グリーン。高い球筋でピンをデッドに狙うには、グリーン上空の風向きが重要。
木々に囲まれたフェアウェイで感じる事のできない風は、「雲」で知る。

もちろん、大空高くにポカンと浮かんでいる雲ではない。頭の上、100メートルあたりにある、薄く細い帯のような雲。
真っ青な晴天でも、探せばその雲はある。

根っからの野生児ならば、肌に感じる風で全てを察知できるのかも知れない。でも、後学の者は目で見えるモノから状況を読まなくてはならない。

Blueberry [Life]

BB.jpg

今年は庭に植えたブルーベリーが豊作。

特に何の手入れもしていない(と、思う)けれど、毎年大きな実を沢山つけてくれる。
冷凍庫に入れて、カチンカチンに凍らせて、アイス代わりにつまんだり。あんまり沢山あるから、プレーンヨーグルトに大量に混ぜて大きなスプーンで一気に食べたり。

ブルーベリーと言えば、「目」に良い。
デジカメでいうところのCCD、網膜の色素の再生を助ける成分が入っているらしい。
英国空軍のパイロット達が、伝説的にブルーベリージャムを塗ったパンが「夜目にキク」と信じられていた。のが研究の発端らしい。

バイク乗りにとって結構致命的なのが「目がついて行かない」コト。
スピードを上げると視野狭窄が起きることは、誰でも経験する。欠けた視野は脳内で補完して、リアルタイムで再構成して映像認識する。
年齢と共に目がついて行かなくなるのは、目の機能低下よりも、脳のスピードが衰えている要因の方が大きいと思う。PCと同じで、脳を長く使うと様々な情報が溜まって瞬発的な処理能力が落ちてくる。

脳をリセット・初期化するには、どうしたら良いんだろう?
全てを捨てて赤ん坊になるのは・・・ムリなのかな。

DTC [Motorcycle]

DTC.jpg

トラクションコントロール。

パワーバンドに入った瞬間にリアタイヤがアドヒュージョンを失う・・・なんて経験を何度かすると「いつか、きっと、やっちまう」ような気になる。

D16RRは、旧世代の化け物。
トラコン、ABS、ライドバイワイヤー、電制サス・・・そんな最新機器、なぁんにも付いていない。「余計なモノが付いていない良さ」も確かにあるけど。

やっぱり、トラコンが欲しい!

Oil Changer [Motorcycle]

F109.jpg

クイックチェンジ・ドレンボルト。

独製を注文して2.5ヶ月・・・来ない。
KTMのオイル交換したいのだけれど・・・出来ない。

990ADVのオイル交換は、面倒。
タンクガードを外し、スクリーンを外し、アッパーカウルを外し、シートを外し、小物入れを外し、タンクを外し、アンダーガードを外し、してオイル交換の準備完了。で、
エンジン下部のドレンボルトを外し、オイルフィルターを外し、オイルスクリーンを外し、オイルタンクのフィルターを外し、オイルタンクのドレンボルトを外す。

問題は、オイルタンクのドレンボルト。オイルタンクは薄いアルミの鋳物。ドレンボルトは非常にナメやすい。コイツをクイックボルトに交換したかった。

国産製を見つけた。在庫有り。2日で来た。

(と言っている内に独製も来たらしい)

Panigale [Motorcycle]

1199.jpg

いよいよ日本発売が近づいてきた、パニガーレ。

都内のディーラーで「内覧会」なる催しに行き当たった。
お触り、跨り、ブリッピング可。

・スゲェ、小さい。
・日本専用マフラー、言う程悪くない。エキゾースト・ノート、こんなんでイイの?と思うくらい、大きめ。
・ミラー、そんなに違和感ない。
・日本専用エンジンカバー、デッカイ、カッチョワルイ、ハズセバイイ。

結局、乗ってみないとわからない。

LED Bulb [Motorcycle]

LED.jpg

片側だけ6000KのLEDバルブに交換してみた。

Y氏推奨の25Wバルブは、ヒートシンクがフロントフォークに干渉。残念ながらNG。
仕方なく、6000K/15WのLEDバルブ。
正面から光源を見ると、LED独特の刺すような光束。

夜の街、でもやっぱりヘッドライトとしては明るさが足りない。「フォクランプ専用」の広告に偽り無し。

2012-08 |2012-09 |2012-10 blog Top
Send Message