2012-10 | 2012-11 |2012-12 blog Top
Next 20count | -

nanonano [Life]

nanonano.jpg

「NANO NANO」

電子部品で作られた小さなロボット型携帯ストラップを頂いた。ロボットの大きさ、15mm x 10mm。

一見して見慣れた部品の数々。
電解コンデンサのボディ。トランジスタの頭。皿ビスの耳。ユニファイねじの足。丸型端子の腕。
目は・・・何だろう? これは電子部品ではないかも。

そんなガラクタを集めて手先器用に組み立てると、なんとも愛嬌のある可愛いロボットになる。

コンデンサの耐圧や出力特性の事はよく考えたけれど、その造形や色を面白いと思ったことはなかった。ヒトによって景色が違って見える事をあらためて思い出し、(グサッと)意表を突かれたモノ作りに少々感動。

X-treme Vision [Motorcycle]

Philips.jpg

Philips X-treme Vision。

D16RRのヘッドライト光量アップ作戦続行中・・・
ノーマルワッテージのハロゲン球のなかで、最も明るいと評判(ならしい)フィリップスのエクストリームビジョンを試してみた。

ハロゲン球のなかで、HIDっぽい青白い光がウリのバルブが沢山あるけれど、実は色温度が上がれば上がるほど光量は落ちていく。
だって、色温度を上げるためにバルブに青い塗装をしているだけなので・・・
だから、光量重視ならば透明なバルブを選ばなきゃいけない。

さて、結果。
「おぉ、スゲェ明るい。」と、言いたいところは山々だけど、「ノーマルと大差なし」。

Hi-Low共にHID化している990ADVと比べると、エクストリームの明るさは見た感じ半分以下。
・・・残念っ。

Flower [Life]

Flower.jpg

「花」でミニュチュア・ダックス。

DFA(ダッチ・フラワー・アレンジメント)。非常に難度の高いオランダの国家認定資格を持つ友人から、「花でできたソラ」が送られてきた。いや、持ってきて頂いた。

本場で研鑽を積んだ腕前は、やはり確か。素人目に見ても高い技術を感じさせるデキ。
肉球や尻尾、垂れた耳・・・見事に再現されている。

でも、そんなディテールよりも、色とりどりの花に囲まれて本当に幸せそうにしているカーネーションのワンコに癒される。

素敵なプレゼントをありがとう。

Chai [Life]

Chai.jpg

チャイが好き。

無印良品でインスタントのチャイを何となく買ってからハマってしまった。
・・・それから、カフェで飲んだり他メーカーのモノも試したけれど、無印が一番イイ。

特に寒い車庫、ストーブでお湯を沸かして飲むチャイは最高。もちろん、バイクを眺めながら・・・なんだけれど。
最近のお気に入りは、これでもかっ!て位にジンジャーを入れる。体、ホカホカ。

ジャストタイミング、ありがとうございました。

Starter [Motorcycle]

Starter.jpg

バイクのスタータースイッチを押す。

いつものエキゾースト・ノートに心震える・・・ハズが・・・スカッ。
今まで絶好調だったのに??

なんというか・・・
狙いに狙ったアプローチショットをダフった感じ・・・というか、
サーブアンドボレーで勢いよく飛び出したのに足が絡まってコケた感じ・・・というか、
間に合うと思って全力で駅の階段を駆け上がったのに目の前で電車のドアが閉まる感じ・・・というか。

とにかく、エンジンの掛からない時は、滑稽な絶望感でいっぱいになる。

原因?
工場長が「あっ」と言う間に解決。セルモーターの配線が振動でユルユルだった・・・そうで。

いやはや、恥ずかしい。
D16RRを引き取ってきてから・・・各部を点検・点検・点検。

WiFi [Computer]

wifi.jpg

新幹線の車内。

なんとなく、ただ、なんとなく、wifiスポットを検索してみた。
ズラリと並ぶ、数十のスポットに驚いた。

皆、無線LANを使っているのか・・・と思ったけど、PCをイジッテいる(忙しそうな)サラリーマンは数人。
・・・ん? そうだ、スマホ。テザリング。

それにしても、SSIDに判り易すぎる(安易な)名前を付けるのは止めたほうがイイカモ。
それに、暗号化がほとんどWEPって・・・セキュリティ・レベル、低すぎ。

他人事だけど、心配になる。
アナタノデンワ、カンタンニノットラレルゾ。

Nozomi [Life]

Mobile.jpg

出張ばかりで、新幹線の座席がオフィスになりつつある。

PCにスマホ、ルーターがあれば大抵の雑用は(移動しながらでも)作業を進めることができる。
むしろ、突然の来客や面倒な電話が無い分、質の良い書類になったりもする。

「書類は全て、プレーンテキストで作る。」

コンピュータの弱点のひとつは、互換性。
WindowsとMac。androidとiPhone。LinuxとSolaris。

プラットフォームが違うとデータの互換性が失われる事が多い。同じプラットフォームでも基本ソフトやアプリケーションのバージョンによって、「読める、読めない」なんて面倒な事が日常的に起こる。

そこで、世界がひっくり返っても必ず残るフォーマット・・・ASCII文字によるプレーンテキストを使う。

テキストエディタで書いた書類をクラウドに上げ、細切れの時間を使ってスマホで追加修正。表計算が必要になったらエクセルで作ってCSVで保存する。CSVならば、iPhoneでもエクセルデータをエディットできる。
一通りできたら、アシスタントにお願いしてキレイに整形してもらいPDFでチェック・・・って感じ。

ちなみに、テキスト書類はひとつのフォルダに全て入れっぱなし。ファイル名は日付と時間。題名なし。
フォルダを項目に分けて管理していた頃もあったけれど、フォルダ数が増えすぎて破綻。
自分の書いたフレーズはなんとなく覚えているものなので、検索機能を上手く使えば短時間で望みのファイルを探し出すことができる。

Song4 [Music]

song4.jpg

フジテレビの「ハモネプ」、芸能人アカペラ選手権。

沢田知可子、加藤いづみ、小林明子、庄野真代によるコーラスユニット。

同年代のオバサン達、素晴らしい。
歌い始めから最後まで、背筋ゾクゾクしっぱなし。こういうのを、「感動する」っていうんだな、と。

Dainese [Motorcycle]

Suits.jpg

ダイネーゼのVRレプリカを初めて着て、100km程走ってみた。

このスーツ、ライディングの姿勢を一定の型にハメてしまう。肩と肘の位置をスーツが決めてしまう。
つまり、肘を思いっきり張ってハンドルグリップを外側から包み込むように握らせる姿勢を強要する。

乗り始めた頃はその姿勢に気がつかなくて、メチャクチャに窮屈。革が伸びれば何とかなる・・・っていうレベルでは無く、正直引き返そうかとも思った。
疲れてきて、革に逆らう力が無くなってきて初めて気がついた。革に逆らわなければ、革が体を支えてくれる。
楽チン。スーツの評価、正反対に。

自分が知る限りは、他のダイネーゼはこんな感じではなかったと思う。
見た目じゃないトコロまで、VRレプリカにしたのか?

Q [Life]

EVA.jpg

超満員。アニメだけど子供の姿はない。中学生から50代まで幅広い年齢層。それに、女性客が半数近く。

1995年にオリジナルのTV版が始まって今年で、18年。
3年前から題名は公開されていた、「新劇場版 Q」。

長きに渡って観つづけてきたエヴァがようやく終わる・・・と思ったから、公開日に劇場に出かけた。これで終わりだと思ったから、少しだけグッズも買ってみた。

「つづく」

・・・んだそうだ。

エヴァはTV公開当初から、その世界観や事象の背景を作中で一切説明してこなかった。
それは、「Q」でも、同じ。さらに今回は、輪をかけて意味不明。

登場する主人公が最初から最後まで環境の激変に戸惑いっぱなし。そして、観客も主人公と全く同じ立場に立たされる。

色々と興味深い描写はあったけれど、まだこの手で引っ張りますか? GAINAXさん。
次回も観るけどネ。

MotoGP [Motorcycle]

MotoGP_Electric.jpg

最終戦、バレンシアが終わった。

曰く、「現代のMotoGPマシンは電気で走っている」らしい。
正確には、電子制御の塊。

ならば、きっと・・・

GPSでコース位置を把握し、コーナー毎にサスセッティングやブレーキバランスを自動的に変更したり。
車体の動きをセンシングし続けタイヤの摩耗状態を把握し、応じたエンジンマップに自動的に切り換えたり。

電子制御とは、極論すればプログラム・ロジックとデータベースに集約する。
つまり、アプリケーションのアップデートとデータベースの蓄積でタイムが短縮する世界。
複雑なデータを扱いきれる者が勝つ世界。

単純に、「面白い」と思う。

市販車ベースのSBKと統合だなんて絶対反対。プロトタイプでなきゃできない事が必ず有る・・・と思う。

Strip [Motorcycle]

ADV.jpg

あっという間に、オイル交換の走行距離に達してしまった。

慣れたとは言え、外装全バラ。掃除しながらだと、1時間では終わらない。
こんな作業、多忙なサービスに頼むには気が引ける。

さてタンクとカウルを外すと、990ADVは超スリム。
2本のフロントフォークの幅の間に、フレームからエンジン、補機類の全て収まっている。
フレームの外側に出っ張っているのは、実はタンクとカウルだけ。

Happy? [Life]

HB.jpg

Birthday って Happy?

ある年齢を境に誕生日が忌まわし日になる?

歳を取った事を悔やむよりも、この世に生を受けた記念日を喜ぶ・・・ようになりたい(かも)。

iPod touch 5 [Computer]

iPhone5.jpg

「iPod touch 5G」

「iPhone5単体」でいくか、「iPod touch5 + wifiルーター」でいくか?
ズッと、どちらかに決め切れずにいた。

身軽さ、汎用性、コスト、スピード、GPSの有無・・・

とりあえずtouchを買ってみて不満が出たらiPhoneを買い増し・・・ってことで、成り行きまかせの判断。
迷った時は元に戻れる道を残しておく・・・のが常套手段のようなので。

Nippon [Motorcycle]

Fuji.jpg

八ヶ岳に富士山。

それに、南アルプス、中央アルプス、北アルプス。日本を代表する三千メートル級の山々が目前に広がる。
こうして一望すると、いかに富士山だけが特殊なカタチをしているのか判る。

何度目かの霧ヶ峰で、奇跡的な景色を見る幸運に恵まれた。

Lake [Motorcycle]

Mishakaike.jpg

奥蓼科の御射鹿池。

湖面に映り込む木々が美しい、幻想的な池。
東山魁夷がインスピレーションを受けた風景。
---> 緑響く ---> 白い馬 ---> 「ハリーポッター」的というか、「もののけ姫」的というか・・・

蓼科は、今まさに山全体が真っ赤に燃え、メルヘン街道は道路いっぱいの落ち葉。

心、現れる。

Tandem [Motorcycle]

Tandem.jpg

オトコ・カワサキのZ。

に、カワイイ・オンナノコ。
(お父さん?)の背中をを小さな手でギュっとつかみながら、ウトウトと舟をこぐ。

後ろから見ていて・・・ハラハラ、ドキドキ。

Raccoon [Life]

tanuki.jpg

狸・・・だよね、きっと。野生のには初めて会った。

タヌキっていうと、デップリした丸いお腹をポンポコ叩いて・・・っていう勝手なイメージだけど実物は(残念ながら)スマート。ちょっと考えれば、そんな肥満体型じゃ厳しい自然界を生き通す事はないワケで。

そういえば、ホンダにラクーンっていう原付があった。
「どこが狸だよ!」っていう感じのスタイリッシュなバイクだったけれど、これも実物の狸を見ればかなり納得のいくネーミングであったんだナと・・・今更ながら。

MT 90A/T [Motorcycle]

MT90AT.jpg

PIRELLI SCORPION MT90/AT

990ADVのタイヤを交換した。走行13000km。
後輪は残り2分山、前輪は7分山。

ワインディングをガンガンいく訳じゃないから、後輪は真ん中だけが、まっ平ら。ロードタイヤは段減りしても極端にハンドリングが悪化することは無いけれど、ブロックタイヤの段減りはキビシイ。

後輪だけを換えても良かったけれど、色々な理由で「チューブレス化できなかった前輪」を今度こそチューブレス化するために両輪ともに交換してみた。

前輪の軽量化は、キク。
なんとかして実現したいけれど、大径21インチに狭いリム幅。チューブレス・キットではエア漏れを完全に止める事は難しいのかもしれない。

エアポンプ、常備しようかナ。

Autumn [Life]

leaf.jpg

「香嵐渓」

言わずと知れた、紅葉の名所。
そしてハイシーズンは、激しい渋滞が発生することでも有名。

ところが、今頃の時期は渋滞ゼロ。駐車場も余裕。
「山が真っ赤に燃える」とはほど遠い、焚き火程度の紅葉。人出も、ほどほど。

これくらいの「小さい秋」が、自分には丁度いい。
Next 20count | -
2012-10 |2012-11 |2012-12 blog Top
Send Message