2012-12 | 2013-01 |2013-02 blog Top

Kamui [Life]

Kamui.jpg

最近知名度を上げている大規模ネットショップの本部を訪ねた。

小さな駅に降り立って、向かい側の壁を見ると・・・安っぽい感じのPOP。
今や、「元」が付いてしまったジャパニーズF1レーサー。

工場と倉庫に囲まれた、この街の出身なんだ・・・
クルマさえ良ければトップを走れる日本人。是非、カムバックして欲しい。

Smartphone [Computer]

Xperia_Home.jpg

スマートフォン。略して、スマホ。

「スマート」の意味は、やせている電話・・・ではなく。カッコいい電話・・・でもなく。頭のいい電話・・・っていう意味。
プリウスが走り始めた頃、プリウスに乗っているヒトを「カッコいい・・」のではなく、「頭が良さそうにみえる」っていう社会的な風潮・雰囲気があったけれど、まさにアレが「スマート」。

じゃ、現在の「スマホ=多機能電話」は、本当に「頭がいいか?」というと相当に疑問。
特にラインナップされているスマホのほとんどがアンドロイド端末なdocomoは、そろそろハッキリと言った方がイイ。

つまり・・・

docomoのスマホは、Googleのネットサービスを使うための機械です。と
スマホは、音声通話用ではなくデータ通信用の端末です。と

Shortcake [Meal]

ShortCake.jpg

いつもの店で、ショートケーキを買った。

ショートケーキ・・・ん?
なぁんとなくモヤモヤっと疑問だった、このネーミング。
スポンジでホイップクリームとイチゴをサンドイッチした(どんなケーキ屋さんにもある)定番の一品。

ところで、「ショート」って何?
短い・・小さいケーキって事?・・いいや大きなショートケーキだって、ある。
短い・・賞味期限が短いって事?・・ん〜特にこのケーキだけがって事もないし。

ネットでサックリ調べても、どうも納得いかない。
パティシエの知り合いはいないけれど、パン屋ならいるからメールしてみよう。果たして(納得のいく)返事は返ってくるか、どうか。

Color [Computer]

cover.jpg

XPERIAの背面カバー、全4色。

DSで値段をきいたら一枚数百円だし、
ポイントが過剰に余っているし、
高価なケースを買うくらいなら純正カバーを替えた方がイイ事多いし、
白・黒はマット調、赤・青はスベスベで持った感じが違って新鮮だし、
それに、なかなか使い勝ってのイイ端末に育ってきたから、ご褒美で。

FayRay [Music]

FayRay.jpg

FayRay.

アナログレコードから、CDやSACDを経て、今はミュージック・サーバー。
音楽媒体が変化して、音楽との付き合い方も変わってきた。
アナログレコードを丁寧に拭いてターンテーブルに置き、音楽の種類に合わせてカートリッジを交換してから手動で針を落とす。今思えば、数多くのレコード盤を持っていても、いつも聴いているのは十指で足りていた。

ハードディスクに保存された二万曲を優に超える1TBもの無圧縮音楽データ。
外に出られない日、「シャッフル」機能を使ってコンピュータが勝手に選び出す曲を楽しんでいた。

FayRayのTears。
MacBook Airが選び出した中に、数年ぶりの懐かしい唄声。

http://www.youtube.com/watch?v=-5q608XCU68

Riding [Motorcycle]

tank.jpg

(やっと)本年、初ライディング。

年末に整備・クリーニングを完了し、カバーを掛けて年越し。以降、なんだか色々あって、ようやく出掛ける事ができた。
つまり、病室の窓から見続けた青空へのカウンターアタック。

D16RRは満タンから、ちょうど走行100kmで燃料警告灯が点灯する。これを、「給油なんかしないで、100kmで戻って来い」とバイクが諭しているのだと理解。

本日も、きっかり100kmで帰還。
やっぱり、バイクは乗っているだけでスポーツ。とくに、こいつに乗るとアドレナリンやらドーパミンやらが湧き出るから、ライディング中(だけ)は最高に気持ちイイ。

Expensive [Life]

Expensive.jpg

少し留守にしていたら、自動録画されていたTVレコーダーのHDDが満タン。

そんな中で、「芸能人格付けチェック」を、つまみ観覧。
総額39億円(笑)と30万円のバイオリンで三重奏、カノンの一節をブラインドチェック。
正直、テレビ音声だと39億円は高音がキンキン。視聴者が判りやすいように、音声編集しているのかもしれない。

世の中のモノ、実は「高価な物ほど良いモノ」とは限らない。それは昭和バブルを経験し、知らない内に若年で世界の一流品に触れてしまった経験からも明らか。
さらに、ある一線を超えた超高級品は激しく使い手と環境を選ぶ。

ハイエンドのオーディオはセッテッングに敏感で、ポン置きでは10万円のコンポにも劣る。
マニア垂涎の希少性が高いクルマは、維持管理が厄介で本来の性能を発揮することは非常に稀。
トップエンドのオートバイは、世界屈指のライディング技術を要求し凡人ではコロガす事が精一杯。
独特の画を映し出すカメラレンズは、精密過ぎて僅かな衝撃でフォーカスを保てなくなる。
最高級とされる漆の碗は、高温・乾燥・直射日光を嫌い取り扱いに注意がいる。
バウハウスの家具は、使い勝っては良いけれど壊れやすく頻繁にメンテナンスが必要。
複雑機構の腕時計は・・・もう、止めよう。

だからって、そんな一線を越えたモノの存在が悪いとは決して思わない。「もの作り」っていうのは、いつだって最高を目指すものだから。

Hospital [Life]

hospital.jpg

病棟の夜に、休みはない。

深夜に(頻繁に)鳴り響くナースコール、患者のうめき声、看護師さんが廊下を走る音。
でも、他の患者は誰も文句を言わずにジッと耐えている。
だって、いつ自分が同じ立場になるか判らないから。
昼間、患者さんがベットでウトウトしているのは体調が悪い性ばかりではない。

翌朝は朝5時からの採血に始まり、通常でも2時間おきに様々な検査がある。
病状に応じたプログラムに沿って、完全に管理コントロールされる場所。

病院で骨休みなんて・・・できないんだよ。

2013-01-13 [Life]

Perrier.jpg

Perrier.

色々と制限やルールが多い検査生活だけど・・・ペリエ、これだけは持ち込ませてもらった。
若いナースに、「お酒?」と笑われるけれど、逆に指導・・・

「ちゃんとしたレストランに行く機会があったら、お酒を飲まなくても水を頼んじゃダメだよ。」

「なんで?」

「水を飲みたくなったら、ペリエって言えば立派なワインクーラーに、このビンを入れてきてくれるから。」

「ふ~ん、でもなんで?」

「だって水じゃ、お店に人に失礼でしょ。」

「?」

・・・そのうち判るときが来るョ。

2013-01-12 [Life]

sunset.jpg

確か一週間前の天気予報だと、三連休は下り坂。

めっちゃイイ天気。しかも、気温も高いし、風も静か。
そんなバイク日よりの青空を、ホスピタルの窓から眺める気分は・・・複雑。

2013-01-11 [Life]

Hospital.jpg

正直、快適すぎる。

自由な移動は制限されるけれど、カンヅメで仕事をするにはこれ以上ない環境。
だって・・・
・完璧な空調管理
・極端に清潔な室内
・親切な女子達による24時間体制のケア
・食事すら取る必要がない

超高級ホテルだってこんな風にはいかない。

2013-01-10 [Life]

CT.jpg

GE製のCT。

人間ドックとか比較にならない程の、多種多様な検査の連続。
そりゃ確かに「徹底的にやってイイよ」って言ったけれど、程度ってものがあるでしょうに。
本筋とは別に、色々な「病」が見つかりそうで、ワクワクドキドキ。

2013-01-09 [Life]

20130109.jpg

ま、こんなこともあるさ。

Nabana [Life]

mirror.jpg

なばなの里・・・と言えば、日本最大級の豪華なイルミネーション。

そんな光のオブジェの片隅に、ヒッソリと「鏡池」。
素晴らしい。

自分は、コッチの方が好き。

Sakura [Meal]

sakura.jpg

由比のさくら屋さん、さくらや定食。

桜えびの生、釜揚げ、かき揚げの全部入り定食。
おっちゃんの揚げる天ぷらは、いつも通りのサックサク具合。お値段お手頃、ご飯のおかわり自由。
そして、ポットに入った香ばしい蕎麦茶、飲み放題。
時々、ここの蕎麦茶がどうしても飲みたくなって通ってしまう。

今日は満席。
外で待っていると、「お茶を飲みにきたんでしょ」と言ってクルマまで湯のみを運んでくれる、おねえさん。
いやはや、面目ない。

SP mode [Computer]

SPmode.jpg

XPERIAの設定が(ようやく)終わった。

Androidに触れば、触るほどに思う。
このOSは、未完成。使えないことはないけれど、我々はもっと居心地の良い世界を知っている。

iPhoneほどに、操作性や表現の整理が行き届いていない。
BlackBerryほどに、メールの扱いがシームレスではない。
ガラケーほどに、割り切ってもいない。

特に、docomoが手を入れた部分がヒドイ。SPモードなんて・・・最悪。
もうすぐ独自プロトコルのクラウドシステムに入れ替わるらしいけど、「独自」なんて止めて枯れたIMAPを使えばいいのに。販売戦略上、オリジナリティを出したいのだろうけれど、基幹のソフトウェアは「動いているものをそのまま使う」ってのが鉄則だと思う(だからOSはUNIXじゃん)。

New Year's Day [Life]

Fuji.jpg

元日の薩埵峠から望む、富士。

空気が澄んで山肌の様子までクッキリ。南東を見れば伊豆の先端まで見渡せる。
今年一番の絶景。間違いない。

2012-12 |2013-01 |2013-02 blog Top
Send Message