2016-01 | 2016-02 |2016-03 blog Top

Emergency Tools [Motorcycle]

case.jpg

オフ車に常備していた修理キットをMVに移した。

パンク修理キットはともかく、替えのプラグは必需品。



タグ:MV AGUSTA

train [Life]

train.jpg

作法を知らないと、電車にさえ(まともに)乗れない。

電車に乗ろうと、開かないドアの前で立ちつづけていると・・・女子高生がボタンを(スッと)押してくれたり。
乗ったは乗ったで自動で閉まらないドアを・・・おばちゃんが(さりげなく)閉めてくれたり。
電車を降りようと、ドアの前に立っていたら・・・「こっちの車両はドアが開きませんよ」と教えてくれたり。

やさしいなぁ・・・皆んな。



CM [Life]

nozomi.jpg

N700A 新幹線に設置されている、LEDディスプレイ。

短い企業CMや一行ニュースが流れるのを、ぼ〜っと眺めていると・・・「使われてます。」って
東証一部上場企業の宣伝文句とは思えない。

以前は深い付き合いのあった会社だけど、M&Aを経て社名変更してから疎遠になってしまった。
誰か、言ってあげたほうが良いと思うけどなぁ。


CORE 601 [Motorcycle]

wakos.jpg

「添加剤」は、好きじゃない・・・自分のバイクに得体の知れないブツを入れたくない。
それに、「添加剤ビジネス」が(きな臭くて)嫌い。

でも唯一、WAKO'S の フューエルワンだけは取説通りの効能が期待できる。
燃焼室やキャブレターの洗浄作用が主目的だけれど、燃料の酸化抑制やガソリンタンクの腐食防止効果は確実で、長期保管車両に「保険」として使っていた。

その上位機種、「CORE601」を MV で試してみた。
こちらも取説通りに、「エンジンの始動性が悪くなったり、プラグがカブりやすくなったり」したけれど、燃焼室内のカーボンが綺麗に取れてアルミの輝きが戻ったのには、驚いた。


bulb [Motorcycle]

bulb.jpg

「念のために」と思って手配しておいたMVのヘッドライトバルブが、(まさか)もう役に立つ。

先週はテールライトバルブが切れた。
テールライトバルブは汎用品だったけれど、ヘッドライトバルブは特殊なフィリップス製。
今度切れたら、いつ手に入るか判らない。

電装系に問題アリか?
ハーネスの絶縁チェックだけでもしておこう。



タグ:MV AGUSTA

The Melody At Night, With You [Music]

KJ.jpg

無人島に一枚持っていくなら・・・の最右翼。

キースジャレットが病気療養中に録音した音源。
それまでの技巧的な演奏は影を潜め、ひたすらスタンダードナンバーを奏で続ける。
一音一音が粒立って美しい、ピアノソロ。

奇跡を封じ込めた一枚。


humidity [Motorcycle]

humidity.jpg

シャッター付きの車庫保管なのに、びしょ濡れのバイク。

大型の除湿機を設置しあっても年に1〜2回は結露してしまう。
今日は一日中雨が降った上に、急激に気温が上昇した。

気温15度、湿度70%で露点温度を計算すると、10度と出た。
冬の夜、バイクの車体表面が10度以下に冷えていれば、空気中の水分が露となって付着する。
結露を防ぐには、(1)気温を下げる。(2)湿度を下げる。(3)車体の温度を上げる。の3点しかない。

車庫にエアコンは無し。除湿機は能力不足。エンジンは(うるさくて)始動できない。
だから結果・・・(いろいろ考えてみたって)見て見ぬ振りをするしかない。


pierre marcolini [Life]

PM.jpg

10数年前のチロルチョコからの相当なグレードアップに・・・ビックリ。


wind screen [Motorcycle]

screen.jpg

899 にはチタンコートされたウインドスクリーンが装着されているけれど・・・時間経過と共にコートが剥離してきた。

ブツブツ状態にムラになったスクリーンでは気が悪いので、思い切ってコートを剥がしてみることにした。

スクリーンの素材は、ポリカーボネート。
ポリカの硬度はHB程度なので傷付きやすく、溶剤にも溶けやすい。通常の製品は、表面にコーティングを施し硬度と対薬品性を上げている。
チタンコートは、表面コーテングを施した後で裏面にのみ施工したものだと予想。

まずは、溶剤と微量の研磨剤を含むプレクサスで軽く拭いてみると、コートは剥がれるけれど綺麗には取りきれない。
そこで、シリコンを含まない超微粒子コンパウンドで磨くと徐々にスクリーンが透明になっていく。
コーティングを剥がさないように注意しながら、何種類かのコンパウンドで根気良く磨くことで、スクリーンは本来の高い透明度を取り戻した。


タグ:899

3415 [Motorcycle]

3415.jpg

10000km 走行した RnineT のタイヤを交換した。

人によっては異論がありそうだけれど、自分は「OEMタイヤとREタイヤは、同じ銘柄でも別物」だと思っている。
RnineT のOEMタイヤは、メッツラー Z8M。安定感重視で「ゴロッ」とバンクするタイヤ。
前後サスをグレードアップしているせいか、タイヤ発の微振動も気になっていた。

交換したのはピレリのROSSO II。
サイドウォールの刻印は「3415」。2015年34週だから、昨年の8月中旬の製造。

ドイツで作られた新鮮なタイヤは(文句なく)気持ちがいい。
ゴムが路面を「ギュッ」と掴む感じは、フレッシュタイヤならでは。
このフィーリングなら、サスのダンピングを1〜2段上げてもいいかな・・・と思った。


タグ:RnineT

EVA 01 [Life]

EVA01_01.jpg

昨年の夏からコラボ中の、足柄SA と EVA。

6M超の初号機は(未だ)健在。
なんとなく、ポージングは変更されているような気がする。


fiberscope [Motorcycle]

fiber.jpg

とりあえず走り出した、旧いバイク。

でも走れば走る程、気になる部分が出てくる。
クラッチ周りはシブいし、ミッションタッチもイマイチ。サスもシャキッとさせたいし、ブレーキの効きも良くしたい。電装系には不安が残る。エンジンの始動性は悪いし、キャブのジェッティングもセットし直したい。

ん〜、とりあえず現状確認だけでもしておこう。



タグ:MV AGUSTA

FRIDAY NIGHT [Motorcycle]

night.jpg

金曜の夜に、MV でナイトラン・・・「FRIDAY NIGHT」といえば、アラベスク。

バラエティ番組の挿入歌に使われて、昔々のディスコティックな夜が懐かしくなったり。
かと思えば、スバル デヴォーグのCM曲で(これまた懐かしい)ロング・トレイン・ランニングが流れてきて、ギターカッティングにワクワクしたり。

どちらの曲も一度聴いたら絶対に忘れない(天才的な)リフが、素晴らしい(よね)。



タグ:MV AGUSTA

cracker [Meal]

cc.jpg

いちごジャムサンドクラッカー。

スーパーで見つけて、買い物かごの中へ。
子供の頃の記憶そのままの味。ジャムが歯にひっつく感じの食感も懐かしい。

ただ、ビックリするくらいに高価。
・・・こんなに高かったかなぁ?



duck [Meal]

soba.jpg

鴨南蛮・・・じゃなくて、「鴨せいろ」が好き。

冷たい更科そばを温かいつけ汁で食す。
名店と評判の蕎麦屋を散々巡ったけれど、灯台下暗し・・・近所の蕎麦屋のは絶品。

お値段、1500円。
家人は「高い」と言うけれど、この味を歩いていける距離で味わえるのならば「コスパ高い」が正解だと思う。




2016-01 |2016-02 |2016-03 blog Top
Send Message