Science blog Top

CARBON [Science]

CARBON.jpg

炭素繊維の国内トップメーカーを訪問。

ホンモノのドライカーボン素材って・・・スッゴイ。
nice!(0) 
共通テーマ:バイク

Euler's identity [Science]

math.jpg

オイラーの公式から導かれる、オイラーの等式。

e^{i\pi} +1=0

この超絶に美しい等式には、苦い思い出がある。

大学一年の夏。機工学の授業。オイラーの定理を問う教授に答えられる学生は居なかった。
「レベルが下がった」と嘆く教授に・・・

学生「そんな式は、習っていない。」
教授「習っていないから知らないのではない。学ばなかったから知らないのだ。」

これを契機に延々と授業は脱線し、「学問する事の意味」を毎時間、議論する事になる。
教授 vs 学生のバトルは、受講生全員に「不可」の評価が付く事で(一方的に)終わった。

年齢を重ねた今ならば、「こんなに難しい物理学や数学が実生活に必要か?」「なんで勉強しなきゃいけないか?」という愚鈍な質問に(余裕で)答える事ができる(ハズ)。
タグ:science

共通テーマ:バイク

STAP [Science]

nature.jpg

理研が、(渦中の女史を参加させた上で)STAP細胞の再現実験を行う・・・そうだ。

多くのTVマスコミの論調は・・・「研究不正はどうあれ、一番重要なのはSTAP細胞が本当に有るのか、無いのか。」
大衆の代弁者を気取る情報番組のMCが、したり顔で雛壇に同意を求める・・・「ねぇ、そうでしょう!」

アホ・・・ですか?
論文に不正があった時点で、STAP細胞の有無なんて全く意味が無いコトに、ナゼ気が付かないのか。

結果が判っているにも関わらず、理研の研究者達は、「無いモノを探す」という無益な徒労を長期間に渡ってやらされるコトになる。
数ヶ月後、日本最高権威の科学者達が何を言うかは既に、判っている。つまり・・・

『全力で探したけれど見つけられなかった。但し、見つからなかったとはいえ、存在しないとは言い切れない。』

同じようなコトって、世の中には一杯ある。宇宙人、ネッシー、つちのこ、幽霊・・・

信じているヒトも居る。見たというヒトも居る。だから、絶対に存在しないとは言い切れないけれど、(現時点では)科学的には検証できていない。

これはもはや、ファンタジーの領域。ディズニーランド、夢の世界の話。

共通テーマ:バイク

NIFS [Science]

NIFS.jpg

「核融合科学研究所」、なるところにお邪魔中。

放射能・・・とは無縁なので、念のため。
nice!(0) 

Quark [Science]

Newton.jpg

彼女は言った、「世の中の全てがツブツブで出来ているって事を知って、最高に面白かった。」

まさか、高校生のしかも女のコと量子力学について討論する日が来るとは夢にも思わなかった。彼女はネットや科学雑誌を使ってそれなりの理論武装をしていたが、こっちだって全くの素人ではない。
最終的に彼女は、「ネットの情報は薄っぺらだ。」と捨て台詞を残して去っていった。

この夏、彼女は2週間ほど米国へ、帰国後はサイエンス・アカデミーに参加するらしい。アカデミーでは自ら望んで量子論についてプレゼンするとも言っていた。

その向上心は気に入ったけど、実力はマダマダ。再挑戦も論破、だね。

nice!(0) 

142857 [Science]

Calc.jpg

マジックナンバー、「142857」。

数字が循環。

142857 x 2 = 285714
142857 x 3 = 428571
142857 x 4 = 571428
142857 x 5 = 714285
142857 x 6 = 857142

おまけ。

142857 x 7 = 999999
142 + 857 = 999
14 + 28 + 57 = 99

こんなのでイイかな?
nice!(0) 

Mirror [Science]

Mirror.jpg

「日常生活の中で浮かんだ科学的な疑問点と、その疑問の理由を記述せよ。」

「あまりに大雑把な設問」だと、愚痴をこぼす高校生。
で、何気にアドバイス。

鏡を見ると、左右が逆になるのは誰でも知っている。でも、左右が逆になるのなら、ナゼ上下は逆にならないのか?

有名?な問題なのでネットを探せば様々な「回答」がヒットする。
しかし、すとんと腑に落ちる美しい答えは少ない。
nice!(0) 
Science blog Top
Send Message